オカヤドカリと雨 その2

今朝は晴れているにも関わらず、オカヤドカリたちが流木の上に避難していた。
時刻はAM6時。
どうやら木の上で寝ているらしい。

この下に5号、別の流木に6号がいて、3号のみ岩陰で床砂の上にいたのだが、現時点での当日の降水確率は30%、雨は深夜0時から降ってくるという予報だった。
室内の湿度は48%、水槽内は60%。


ただ、活動を始めてからは高所に留まるわけではなく、6号のように穴掘りに興じるのもいたり、勝手気ままに動き回っているので、特に制限のようなものはないらしい。

当日の天気図。
その後、AM10時頃には天気予報が更新され、午後からの降水確率が上がり、雨の降る時間も1mm以下だが22時くらいからと前倒しになったものの、雨が降り始めたのは15時過ぎで、22時以降に雨脚が強まった感じ。

翌日、昨晩から雨が降り続いているので、やはり全員が木の上にいた。

随分と昔、天気予報が当てにならないものの代名詞だった頃、気象庁に「こいつに訊け!」というメモと一緒にアマガエルが送られてきたことがあるそうだが、意外とオカヤドカリも雨の予測が出来るのかも。