今日は床砂の掃除

4号が脱皮した後、入れ替わりに5号が脱皮に突入したため、1ヶ月ほど床砂の掃除ができていない。
ただ、5号は未だ脱皮中なので、今日は流木や珊瑚石の洗浄と、床砂の表面2~3cmの部分を入れ替えることにした。

おそらく5号も5cm以上は潜っているはずなので、小さな土入れスコップで表面の砂をすくい上げ、しっかりと天日干しをした砂を湿らせて交換。

床砂に直植えしているアダンは動かせないので、今回はそのままで床砂を交換したのだが、5号だけでなく6号の姿がない。
流木や珊瑚石を慎重に撤去しながら探してみたものの、6号がどこにもいない。

しかも表面の床砂をすくっているときも出てこない。
まさか再び脱皮に突入か。。。と思いながら掃除を済ませ、1号から4号までを水槽に戻してから1時間後。

どこから出てきたのか、砂まみれの6号を発見。
ハサミも脚も異常はなく、元気に動き回っているので、特に問題はなさそうだが、どこに隠れていたのやら。。。