6号も引っ越し

床砂の交換をした日に5号が引っ越しをしたのだが、5号が選んだのは6号が先に目をつけていた貝だった。

その貝は誰も興味を示さなかったので、水槽内から取り出して床砂を交換する間にオカヤドカリを移しておく小さな水槽に入れていた。
掃除の際にオカヤドカリを小さな水槽に移すと、その貝に6号が興味を示し始めたが、水槽内はオカヤドカリがひしめき合っている状態で、引っ越しは危険だと判断して貝を取り上げた。

で、床砂の交換も終わり、オカヤドカリを元に戻してから、6号が興味を示した貝を含めて3つほど水槽内に入れておいたら、なんと6号ではなく5号があっさりと引っ越しをしてしまった。
6号は以前の動画にもあるように、下調べに時間をかけ、更に住心地を何度も確認するような慎重派なのだが、5号はそれほど調べもせずに素早く引っ越し。

これにご立腹なのが6号。
動画が撮れなかったのが残念だが、お目当ての貝を5号に奪われたものだから、ハサミと脚を使って5号の貝を揺さぶって大クレーム。
ところが当の5号は大きめの宿貝にすっぽりと身を隠して鉄壁の防御態勢に入っている。

結局、5号が貝から出てくることはなく、6号が根負けしてしまった。
その一部始終を見ていたので、さすがに貝を取り上げた手前、6号に申し訳ない気持ちになり、5号に奪われた貝と似たような貝を探してみた。
5号の宿貝は見た目の大きさの割に入り口が小さいのが特徴で、以前購入していた在庫の中からちょうど似たような貝を1つ発見。

貝を入れてから数時間後には引っ越しをした6号を発見。
どうやら気に入ってくれたらしい。

もともと木星のような美しい模様の貝を背負っていた6号だが、新しい宿貝は見た目がピーナッツ揚げのような感じ。
大きさも1.5倍くらいなり、5号と同じで随分と立派になった。