2号と4号も脱皮するらしい

台風21号が過ぎてから曇天の日が多く、湿度は高めなのだが、活発なのは脱皮明けの1号だけ。

床砂を掘り返し、天井によじ登り、壁面に取り付けている湿度計を揺すり落とし、餌入れと水入れに砂を積み上げ、これ以上ないくらいに水槽内で暴れている。

朝方に床砂を均しても、夕方にはしっかりと凹凸ができている。

そんな1号とは対象的に、2号と4号は砂に潜ることが増え、9月15日くらいから2号が潜ったまま出てこなくなり、その後を追うように9月18日くらいから4号の姿も消えてしまった。

潜ってから一週間くらいは脱皮せずに戻ってくる事があるので、4号はなんとも言えないが、どうやら2号は本格的に脱皮へ突入したらしい。

5号も未だに戻ってこないため、水槽内で確認できるのは1号・3号・6号のみになってしまった。

気になるのは1号が以前よりも深く床砂に潜るようになったことで、身体が大きいこともあり、普通に床砂の半分くらい、深さにして7cmほど潜ってからトンネルを掘り進め、別の地点からひょっこりと出てくる。
水槽内に1号の姿が見えない時に耳を澄ますと、ジョリ、、、、ジョリ、、、と床砂の中から掘り進んでいる音が聞こえてくる。

脱皮しているオカヤドカリは、おそらく床砂の一番下か、少なくても10cm以上は潜っているはずなので、1号と出くわす可能性は低いものの、1号が潜っていると少々不安。