オカヤドカリ2号が無事に帰還

shedding

昨年末から脱皮に突入していたオカヤドカリ2号がようやく戻ってきた。
今回の脱皮期間も前回と同じく、ほぼ30日。

いつの間にか背負っている宿貝が小さく見えるほど、2号の身体は大きくなっている。

さっそく生還を祝って2号の大好物クルミのほか、カブの葉、鮭のアラなどをあげたら、翌日にはカブの葉が3分の1ほどとクルミの一部が減っており、いま現在も2号は餌入れの上にいる。

あとは2号と同時期に脱皮をはじめた1号と、1月15日くらいから潜ったままのオカヤドカリ6号。
室内で療養中のアダンが寒さのためか弱ってきている反面、水槽内のアダンは真緑で活き活きとしているので、1号と6号が戻ってきたら全てのアダンを水槽内に戻す予定。