オカヤドカリ1号と6号が戻ってきた。

shedding

2月5日を過ぎたあたりから、そろそろオカヤドカリ1号が戻ってくる頃だと思っていたら、2月7日の朝に元気な姿を見せてくれた。

戻ってきたばかりで、しばらくは動かずに流木の影に身を潜めていたものの、その日の夜には以前にも増して活発に動き始め、久しぶりに水槽の中が賑やかしい。

前回と同様で1号の脱皮期間は40日ほど。

脱皮期間は個体の大きさに比例しているようなので、1月中旬から姿を消した6号も戻ってきてもおかしくない。
と思っていたら、1号が戻ってきた2日後に6号も戻ってきた。

これで2ヶ月ぶりに皆が揃ったので、明日は久しぶりに床砂を交換する予定。