水槽の大掃除

environment

全員揃った翌日は雪が降り、その翌日は雨のために延期していた水槽の掃除。
前回の掃除から1ヶ月半ほど経っているので、今回は床砂を全替えすることにした。

掃除の間は少々狭いところで辛抱してもらう。

療養中だったアダンは低温のためか一部が枯れているので、この機に水槽内へ戻すことにした。

砂をすくって洗ってすくって洗ってすくって洗って。。。
思った以上に深いところまで汚れていることに驚いた。

相次ぐ脱皮で宿貝がずいぶんと手狭になっているようなので、引っ越し用の貝を多めに入れてみたものの、お気に召す物件はなかったらしく、貝がオブジェ化してしまった。

掃除の前はやたらと穴掘りをしていたオカヤドカリが、床砂交換後は地表での活動が増えたので、もしかしたら表面の汚染度合いが酷かったのかも。

やはり環境衛生の面を考慮すると、最低でも3週間に1度は表面部分だけでも床砂の交換が必要な気がする。