オカヤドカリが活動する気温

environment

断熱シートを取っ払ったものの、まだまだ寒い日が多く、水槽内の気温も20℃を下回ることが多いが、オカヤドカリたちは気温によって活動に変化が見られる。

Okayadokari122

気温が低下した際の行動もそれぞれ個性があり、オカヤドカリ1号と3号は砂の中に潜っていき、オカヤドカリ6号は身体がすっぽりと隠れる凹みに身を潜め、オカヤドカリ2号は潜ること無く流木やアダンの影でじっとしている。

彼らは水槽内の気温が20℃を下回ると、それぞれの行動に出ることが多く、水槽内が23℃を超えてくると、動きが活発になってくる。

Okayadokari124

活動は昼夜を問わず、地表に2号しか見当たらないときでも、部屋に暖房を入れてしばらくすると、いつの間にか皆が姿を表し、ガサゴソと動き回っている。

Okayadokari123

水槽の底面にはヒーターを入れているものの、床砂の温度も20℃くらいなので、それほど高いわけではなのだが、本能的に寒さから身を守っているらしい。