切り株の完全コアレス化

environment

オカヤドカリたちが身を隠すためのシェルターとして、スドーの「ロックシェルター」を使用していたのだが、裏側の黒い塗装と思わしきものが剥がれてきたので、天然の石灰岩を加工した隠れ家を用意したものの、シェルターの代わりにはなりそうもないので、中が空洞になっている切り株をシェルターとして利用することにした。

Okayadokari146

石灰岩の隠れ家は大きな穴が空いているので「隠れ家」になっていない^^;

okayadokari163

「コアレスの切り株 形状おまかせ」をネットで注文して、一応完全に空洞化しているものを希望してみたものの、届いた切り株はコアレスどころか、コアっぽいものがしっかりと残っていた。

このままでは一番小さいオカヤドカリ(6号)ですら中に入ることができないので、この邪魔なコア部分を撤去することにした。

okayadokari164

はじめはマイナスドライバーとハンマーで何とかなると甘く考えていたが、作業を始めて数分で「のみ」の必要性を痛感。

電動ドリルで底からいくつか穴を開け、後はのみとハンマーでコア部分を削ぎ落としていく。

木に喰い込んだのみを引き抜く際、手の甲に刃が当たって出来た切り傷が1つ。
ハンマーで自分の親指を叩いたのが1回。

黙々と作業すること1時間半。

okayadokari165

完全コアレス化に成功。
一番大きなオカヤドカリ(1号)がなんとか通れるくらいの大きさは確保できた。

オカヤドカリにソゲなど刺さるはずはないが、いい感じに取り除けたので、仕上げに軽くヤスリがけをして完成。

Okayadokari163

しかし数日経っても一向に中へ入る気配がない。。。orz

Okayadokari164

それなら入り口を作ればいいじゃないか!
と、気を取り直し糸鋸でカット。

Okayadokari165

が、糸鋸だけだと上手くいかない(-_-;)

Okayadokari166

再度のみで形を整えて完成。

Okayadokari167

なかなか良い感じに仕上がった。

Okayadokari168

翌日、オカヤドカリ(1号)が入っていた。

取り敢えず、切り株とシェルター化の作業が無駄にならず一安心。