引きツムリは夜行性

snail

オカヤドカリは夜行性という割には朝から普通に活動していることは前にも書いたが、居候中のカタツムリを見てオカヤドカリが夜行性でないと確信を持つに至った。

Katatsumuri017

結局、潜ったままのカタツムリは6日後に姿を表した、というか、6日後にエサを食べた形跡があったので無事だと確認できた。

その後もカタツムリを日中に見ることはなく、23時くらいに顔を出していたのも無くなり、翌朝 餌の減り具合や移動した形跡などを見るだけ。

まるで引きこもりを相手にしている感じ。。。まさに夜行性。
この引きツムリに比べると、行動はフリーダムだがオカヤドカリはなんとアグレッシブな事か。

Katatsumuri018

今日は珍しく22時過ぎに姿を表した引きツムリ。
姿を見たのは2週間ぶり。

出てきたと思ったら、横着にも貝は砂の中に入ったままで、身体を伸ばして届く範囲を食べている。
これが結構 伸びるので意外と広範囲を食べられる。

久しぶりに見たと思ったらこの横着ぶり。
しかもオカヤドカリと同じく好き嫌いがあって、レタスとキュウリは大好物、サニーレタスやニンジンも普通に食べるが、なぜかキャベツには手をつけない。

毎日のように餌を替えて霧吹きし、砂換えを含めて月に5度ほど姿を見るという、思った以上にカタツムリの飼育は不毛だったりする。