カタツムリの床砂交換

現在 オカヤドカリ1号5号6号が脱皮中で、後10日ほどで出てくる予定のため、今日は気になっていたカタツムリの水槽を掃除した。

Katatsumuri021

日中なので当然の如くカタツムリは砂の中。
潜った穴があったので軽く掘り返すと、エピフラムで蓋をした状態になっていた。

カタツムリには申し訳ないが、そのまま放置して水槽の床砂を交換していると、エピフラムを割ってノソノソと起き出してきた。

Katatsumuri022

どうやら元気らしい。

Katatsumuri023

破損していた貝も着実に修復されているが、中央部分は治りが遅い気がする。
この感じだと後3ヶ月ほどで完治しそうだが、その前に冬眠することになりそう。