オカヤドカリ1号の脱皮が終了

shedding

昨晩、床砂の中を掘り進む音がしていると思っていたら、8月14日に潜っていったオカヤドカリ1号が 戻ってきた。

今回の脱皮期間は38日。
それまでも2週間ほど潜っては出てきて、また潜るという行動をしていたので、通算すると2ヶ月以上 ほぼ床砂の中で過ごしたことになる。

無事に脱皮を終えて一安心。

OkayadokariOkayadokari237

床砂に潜る前と比べると 薄青紫の部分が随分と白くなった。

オカヤドカリ1号もまだ本調子ではないようだが、オカヤドカリ3号と違ってシェルターに身を隠したりはせず、天井や流木の上でじっとしている。

後は今月初めに潜っていったオカヤドカリ5号と6号の帰還を待つばかり。