ガジュマルのリカバリールームを作ってみた。

ガジュマルの古木には 座敷わらし似た性質を持つ「キジムナー」という妖怪というか精霊が宿っており、このキジムナーが繁栄をもたらすという伝承から、ガジュマルは「多幸の木」とか「幸せの木」と言われるのだが、それはキジムナーに気に入られたらの話で、反感を買うとトコトン祟られるらしい。。。

昨年春からGoogle の コアアップデートの度に、メインサイトのトラフィックが減少し、あれやこれやと手を尽くして少し持ち直したと思ったら、次のコアアップデートで元の木阿弥。orz…

これは 1年間でガジュマルを5株もダメにしてしまったので、きっとキジムナーの反感を買ったのが原因に違いない!
と、 現実逃避気味だったりする今日このごろ。

Okayadokari284 1

現在、ガジュマルは乾燥しないように 針金で作ったビニールハウスっぽいものを被せており、この環境にしてから葉の変色もなくなって、根っこも新芽も出てきているが、水やりがやりにくくて仕方がないのと、針金で作った骨組みのバランスが悪くて 使い勝手が非常に悪い。

で、、、、

Okayadokari307

「よし! ガジュマルのリカバリールームを作ろう!!」と思い立って軽く設計図的なものを作成してから材料を調達し、早速作業に取り掛かった。。

が、作業をはじめて すぐに思い出した。

Okayadokari004

工作 むっちゃ下手ってことを。。。orz

そもそも 少し余分に切ってからヤスリなどで寸法を合わせるのがセオリーなのに、いきなりヤッちまった状態になってしまった。

が、ここで 滅気ても仕方ないので、諦めずに材料を切断。

Okayadokari306

すでに この段階で設計にミスがあることが判明し、その都度 修正しながら進行。

パーツが揃ったら 取り敢えず 紙ヤスリをかけて 水性ニスを2度塗り。

Okayadokari308

ニスが乾いたらドリルで下穴を開けて、木工用ボンドと釘で止めていく。

Okayadokari309

新店舗を作るときの内装屋さんも 結構いい加減だったが、プロは寸足らずでも余っていても、最後はきっちりと帳尻を合わせて きれいに仕上げてくる。

などと昔のことを思い出しながら、粗ヤスリで接合部分などの段差をひたすら削って 滑らかにしていく。

Okayadokari310

いい感じに断面が揃ったら再び水性ニスを重ね塗り。

Okayadokari311

照明とヒーターの電源コードを通す穴も作成。

Okayadokari313

四方と天井はプラ版を貼り付け、蓋は蝶番で正面が開くようにして、天井に植物用 LED を固定。

Okayadokari314

正面の蓋には 取っ手と磁石プレートを付けてみた。

Okayadokari304

リカバリールームの完成~。

LEDライトやらサイズの合うシートヒーターやらを購入したので、2個1500円のガジュマルが5セットくらい買えるくらいのコストがかかってしまったが、自己満足を得るには十二分の出来だったりする。

これでガジュマルの回復も早まるはず。

タイトルとURLをコピーしました