ガジュマルのリカバリールーム Mk-Ⅱを作成

少し考えれば分かることでも 現実として目の前に突きつけられないと 気付かないことがある。
事前に その可能性について思い至っても、都合の良い解釈で目を逸してしまうことも多い。

以前 制作したガジュマルのリペアルームに カビ が発生した。。。。

Okayadokari 332

カビが発生し始めの頃 漂白剤を塗布して一度は除去したものの、翌日には再びカビている状態で 日を追うごとに増殖している。

ガジュマルのリペアルームは窓際に置いているせいか結露がひどく 常に水滴がついており、 水分で一部の木工用ボンドが軟化したため、応急処置として補修テープで補強している状態。
結露がなかったとしてもガジュマルに霧吹きをすれば 室内は水で濡れる。

使用している木材にはニスを塗っているが 水性ニスなので 常に湿っているような環境だと効果も薄れるため、結露がひどいところが中心にカビが発生している。

制作から わずか一ヶ月で この状況は残念すぎる。

で、耐水性のあるリペアルームを作ろう!と思い立って アクリルの素材を調達した。

Okayadokari 333

が、今回は設計図を作成せず、前回の設計図を見て 頭の中でイメージしながら寸法を決めていったので、足し算と引き算を間違っただけでなく、組み立てに関しても 何を考えていたのか疑問を感じるレベル。

目の前の材料を組み合わせ、やはり設計図は大切だと痛感しながら 急遽購入する羽目になったアクリルカッター と 糸ノコで材料を黙々とカットしていく。

Okayadokari 335

アクリルボンドで接着させていくが、注射針でボンドを流していくのに慣れず、記録写真を撮る余裕もなかった。

一段落した時は なんとか3面。

Okayadokari 334

カビてしまったリペアルームで不便だったのが 正面の扉。
蝶番を上部に取り付けたので下から上に開くのだが、水やりの際には扉を押さえていないといけないので、今回は蝶番を下に取り付けて 上から下に開くようにした。

更に扉に取り付けた磁石も強力すぎたので 今回はシートタイプを調達。

Okayadokari 336

植物用LED を取り付けて 取り敢えず完成。

Okayadokari 337

よく見るとボンドがハミ出たり、滴が飛んだりしているのだが、、、、

Okayadokari 338

今回はビニールを内側に張って 霧吹き対策も万全。

初めてのアクリル工作にしては なかなか良い感じだったりする。

タイトルとURLをコピーしました