続・学術秘書という人からのメール

昨年の12月に「学術秘書」の池田様から頂いたメールについての記事 学術秘書という人からのメールは オカヤドカリにまったく無関係な内容ながら、タイトル下の固定ページ以外の記事では ダントツのアクセス数を誇る人気記事で、池田氏の「ムチン」を取り扱ったサイトへの 凸 が続いているのだと思っていたら、再び池田氏から【「ムチン(mucin)」について】というメールが届いた。

Okayadokari 421

相変わらず「では。」で終わっているものの 今回のメールは主旨がはっきりとしていた。

日本食品科学工学会が発行している「食品工業辞典」の「ムチン」の説明が「動植物より分泌される粘質物一般をいう」から「動物より分泌される粘質物一般をいう」に変更されたといいもの。

どうやら経過報告らしい…….
カタツムリのネバネバ成分が気になっただけで ムチン に特別関心があるわけではないのだが…(-_-;)

前回のメールはカーボンコピーで 農林水産省大臣官房広報評価課広報室 をはじめ 30件 のアドレス宛に同時送信されていたが 今回 CC はなく「株式会社はなもみ」の代取という池田氏の肩書も記載されていた。

「株式会社はなもみ」は 2015年10月に茨城県水戸市で法人登録されているものの 業務内容は「学術コンサルティング事業」になっている。

前回のメールに記載されていた「みと・あかつか タウンミーティング」のサイトは すでに閉鎖されており、「アラビノガラクタン」や「ムチン」などネバネバ関係のドラマティックな陰謀論を見ることはできないが、「株式会社はなもみ」のサイトにあるリンクから その片鱗を見ることができる。

「石に立つ矢」というか「愚公山を移す」「駑馬十駕」。

池田氏 の凸が奏功したのか 別の要因があるのか分からないが、手段はともかく結果を出していることに対しては脱帽する。

 

タイトルとURLをコピーしました