オカヤドカリ5号が再び脱皮に突入

台風 21号が直撃する1~2日前から 流木 や 石の上にいることが増えた オカヤドカリ。

直撃2日前の 9月2日には 第二回 G 5 が開催されていた。

9月4日の朝には 脱皮明けのオカヤドカリ1号以外は  流木 や 石にしがみついている感じで 微動だにしないので、やはり彼らは天気を察知しているらしい。

9月5日の朝には 台風が通過するのを待っていたかのように2号・4号・5号の姿が消え、当日中に帰ってきたのは4号のみ。

二日後2号が床砂の中から姿を見せ ガンガン 掘り進んでいる。

そのまま床砂深くに姿を消していくかと思われた2号は地上に帰還したので、台風の翌日から1週間以上 姿を見せていないのは5号だけになった。

台風が過ぎてから1号・2号・4号が やたらと砂の中へ潜るようになり、一度潜ると半日程度は出てこない。
行動に規則性のようなものを感じるが 脱皮中の5号が気がかりでならない。

タイトルとURLをコピーしました