脱皮中の行動

10日ほど前に姿を消したオカヤドカリ2号は 脱皮せずに 床砂の中を移動しているらしく 昨晩 水槽の底辺部に現れた。
2号の後を追って姿を消した4号も 1~2日毎に地表に現れては 再び床砂の中に潜っていくという行動を繰り返している。

以前に6号も同じ行動をしていたのだが、床砂に潜っても すぐに脱皮せず 10日以上 エサも食べずに床砂の中を移動していることがある。

脱皮のタイミングは「神経分泌・内分泌系の変化」のほか「自然条件や外傷などによる歩脚の切断」でも脱皮が促進されるらしく、脱皮の際には古い外殻が分解され 殻のカルシウムが体内に吸収されるようなので、2号のように床砂の中を移動している間は 脱皮のタイミングが来ていないのだろう。

オカヤドカリ4号も「そろそろ脱皮するかも….」というシグナルが出て 床砂に潜ってみたものの 脱皮が始まる気がしないので、再び地表に戻ってみたら再び脱皮のシグナルが…と お腹を壊したときのような感じなのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました