ミルワームを与えてみた

新しいオカヤドカリの餌を開拓するためミルワームを購入してみた。

生き餌は面倒なので「生タイプ」にしてみたが、開封してしまうと一気に鮮度が落ちるようなので、取り敢えず冷凍してから開封。

 

冷凍状態のまま4匹与えてみたところ、翌日には2匹に減っていたので、それなりには食べる模様。

Okayadokari225 1

食べたのはおそらく肉食好きの2号と6号。

乾燥エビやシラスに比べると食べっぷりは良くないが、タンパク質やミネラルが豊富なので、取り敢えず週1くらいで定期的に与えてみることにした。



鶏レバーの塩焼き

異常な暑さでバテ気味なので、こんな時はレバーだ!
と思い立って鶏レバーを塩焼きにした。

で、焼いた鶏レバーを見ながら、オカヤドカリはレバーを食べるのか、という疑問が湧いた。

流し見していたので詳しく覚えていないが、テレビ番組で 本来その島に無いはずの物質が島にいる動物から見つかり、元を辿っていくと島に飛んできた鳥の死骸をカニが食べ、そのカニを動物が食べているため、食物連鎖で最終的に動物の糞などから発見されるとか何とか、放送していたのを思い出した。
そのカニは死んだ鳥の内臓をガッツリと喰っていた。

カニもオカヤドカリも同じ十脚目の仲間。
カニが食べるならオカヤドカリも食べるはず。

Okayadokari209

早速、焼いた鶏レバーを少し与えてみると、いそいそとやって来たのはオカヤドカリ2号。

食に対して興味がないという人がいるが、オカヤドカリも食に対しての関心度には個体差がある。
目新しい食べ物に対して興味を示すのは、オカヤドカリ2号と6号で、オカヤドカリ5号は気分次第、1号と3号は無関心に近い。

Okayadokari210

いつもなら水槽に近寄っただけで貝に身を隠すか、石にでもなったつもりで身動きしなくなるのに、よほど気に入ったのか水槽にカメラを近づけても全く動じず、オカヤドカリ2号は鶏レバーを堪能している。

オカヤドカリ2号は脱皮してから日が浅いということもあって、身体が欲していたのかもしれない。

結局、鶏レバーを食べたのはオカヤドカリ2号しか確認できていないが、次回から 鶏レバーはおすそ分けすることに決定。



オカヤドカリのエサを開拓

我が家のオカヤドカリは食にうるさい。

先日、サツマイモの食い付きが良かったので、それならサツマイモが凝縮されている「干しいも」も食べてくれるのではないか!?
と思いたち、無添加で砂糖不使用、原材料が「さつまいも」だけの干し芋を調達して、オカヤドカリに与えてみた。

が、しかしペースト状になっているのが気に食わないのか見向きもしない。
サツマイモよりも高いのに!(T_T)

Okayadokari

生のサツマイモはほとんど食べないので、仕方なく5mmほどの厚みに切ったサツマイモに浄水をかけて、ラップにくるんでレンジで10秒~15秒。

ひと手間かけているのが分かるのか、レンチンするとちゃんと食べてくれる。

Okayadokari172

冬場に発見したオカヤドカリの大好物「カブの葉」は、すでに旬が去って入手困難なため、カブの葉に代わるような野菜を探していると、目に止まったのが「大根菜」。

なんとなく大根が丸くなったのがカブっぽいので、それなら食べるだろうと買ったものの、雑草のように足蹴にされるだけで、大量の大根菜は人間様が食べる羽目になってしまった。

最近のヒットアイテムは「ひかりFD スーパーレッドシュリンプ」。
以前は「JUN 厳選小粒プレミアムクリル」を使用していたのだが、「ひかりFD スーパーレッドシュリンプ」にしてから食い付きが全然違う。

使っているエビの種類が違っているような気もするが、とにかく良く食べるので、どうやらお気に召したらしい。



オカヤドカリとサツマイモ

我が家のオカヤドカリ達は、なぜだか揚げ物が好物らしく、たまに鶏の唐揚やトンカツをあげると、肉よりも周りの衣を食べ始める。
あまり健康には良さげではないが、人間で言うところのジャンクフードのようなものなのかもしれない。

もともとエサに関しては嗜好の個体差が激しいので、サツマイモを3種類用意して与えてみた。
用意したのは、自宅で普通に揚げた「サツマイモの天ぷら」、薄切りにしたサツマイモを水で濡らした後ラップしてレンジした「蒸かしイモ」、生のまま薄切りにした「生のサツマイモ」の3種類。

真っ先にやってきたのはオカヤドカリ2号で、やはり食べているのは天ぷら。
2号は以前から油っこいものに目がなく、クルミも好物だったりする。

次に来たのは5号。
5号もサツマイモの天ぷらが気に入ったらしい。

3号は天ぷらを少し食べた後、蒸かし芋にご執心。

2号と好物が似ている6号も「天ぷら」。

やはり揚げ物が大人気。
と、思っていたら、意外と後から蒸かし芋を食べに来るオカヤドカリが多かった。

結局、天ぷらと蒸かし芋の人気は同格っぽい感じで、食べ残しを見ても似たような食い散らかしようだった。

で、全くと言っていいほど手をつけていないのが生のサツマイモ。
最も自然な状態の食べ物を避けるって、天然記念物としてどうかと思うが、とりあえず蒸かし芋は気に入ったようなので、エサのレパートリーに追加。



サトウキビとオカヤドカリ5号の引っ越し

先日の掃除で替えの床砂が少なくなったので、追加するついでにオカヤドカリが好物だというサトウキビと、引っ越し用の貝を購入してみた。

早速サトウキビをあげてみたら、翌日には齧ったあとがあった。
確かにサトウキビはよく食べる部類だが、期待し過ぎたのかこの前のカブの葉と比べたら衝撃度は低め。

サトウキビよりも衝撃的だったのが、今回の引っ越し用の貝で5号の御眼鏡に適った事。

これまで15個以上の物件(貝)を紹介してきたが、すべて気に入ってもらえず、貝殻だけがいたずらに増えていたのだが、ようやく気に入った物件があったらしい。

しかも5号が選んだのは6号よりも大きな貝。
大きすぎかと思ったら、いつの間にか違和感がないくらい5号は成長していた。