新規のガジュマルと珍客

前回の掃除から10日ほどしか経っていないが、水槽内のガジュマルが瀕死状態になっていたため、新しいガジュマルを手配した。

Okayadokari142

新芽はもとより枝も切り取られ、樹皮も剥ぎ取られてしまったガジュマル1号。

Okayadokari141

ガジュマル2号も枝をチョキチョキされた形跡はあるものの、緑の葉が落ちていたので、どうやら原因は水のやり過ぎっぽい。

前回同様に救済はしてみたが、ガジュマル2号は1号に比べると根の状態が良くなさそうなので復活は微妙。

Okayadokari143

で、沖縄から新しく届いたガジュマルの土を落としていたら、葉にカタツムリを発見!

カタツムリと言っても何やら黒い。。。
カタツムリを見たのも数年ぶりな気もするが、記憶にあるカタツムリはもっと薄茶色。

本体部分も黒なら貝も黒い。
沖縄のカタツムリは黒いのか!?

と思ってググってみたら「黒いカタツムリ」は日本全国にいるらしい。。。

Okayadokari144

近くに逃してやるような場所もないので、我が家で滞在してもらうことにした。

Okayadokari145

キュウリの切れ端をあげてみたら、ちっちゃい身体の割に食べる食べる。

Okayadokari146

水槽内には新しいガジュマルと石灰岩の隠れ家を設置。

Okayadokari147

オカヤドカリたちもご機嫌。



床砂の交換とガジュマルの追加

前に床砂を全替えしてから2週間。
最近、水槽内が何だか少々生臭い気がする。

餌はほぼ毎日交換し、散乱している餌もピンセットで取り除いているので、食べ残しが腐っているとは考えにくいが、新たに無農薬栽培のガジュマルも購入したので、設置ついでに床砂を交換することにした。

砂を洗って驚いたのは、その汚れ具合。
食べ残しや食べかすのような物は見当たらないが、数ヶ月前に比べると、明らかに水の濁り方が違っている。

いまは脱皮しているオカヤドカリがおらず、5匹がフル活動中なのもあるが、どうやらオカヤドカリの成長、特に小さかったオカヤドカリ(5号)と(6号)の成長が原因っぽい。
5号も6号も我が家へ来たとき2cm足らずだったが、今では2倍以上の大きさになっており、当然、糞尿の量も2倍以上になっているはず。
そう考えると床砂が汚れるのも納得できる。

Okayadokari109

療養していたガジュマルも復活させてレイアウトを変更。

Okayadokari110

気温が上がってきたので、正面の断熱シートを床砂の部分だけ残して外して水槽内が見えるようになった。

Okayadokari111

室温が15℃くらいだと結露が発生してモザイク状態になるが、水槽内はヒーターを入れた状態で25℃前後を維持できている。
ただ、湿度が下がり気味になるので霧吹きが必要。

夜間はサバイバルシートを被せて保温しているが、久しぶりに見たオカヤドカリたちは、相も変わらずまったりしていて、ずいぶんと癒やされる。



水槽の大掃除

全員揃った翌日は雪が降り、その翌日は雨のために延期していた水槽の掃除。
前回の掃除から1ヶ月半ほど経っているので、今回は床砂を全替えすることにした。

掃除の間は少々狭いところで辛抱してもらう。

療養中だったアダンは低温のためか一部が枯れているので、この機に水槽内へ戻すことにした。

砂をすくって洗ってすくって洗ってすくって洗って。。。
思った以上に深いところまで汚れていることに驚いた。

相次ぐ脱皮で宿貝がずいぶんと手狭になっているようなので、引っ越し用の貝を多めに入れてみたものの、お気に召す物件はなかったらしく、貝がオブジェ化してしまった。

掃除の前はやたらと穴掘りをしていたオカヤドカリが、床砂交換後は地表での活動が増えたので、もしかしたら表面の汚染度合いが酷かったのかも。

やはり環境衛生の面を考慮すると、最低でも3週間に1度は表面部分だけでも床砂の交換が必要な気がする。



生命力の強さに驚嘆

先日の掃除の際、変わり果てたガジュマルを救済してから3週間。
同じくオカヤドカリたちにチョキチョキされたアダンも含め、室内で毎日16時間くらい観賞用植物育成LEDライトを照射していたら、なんとガジュマルから新芽が出てきた。

ガジュマルの根は髪の毛のように細く、力強さを感じないだけに、この回復力には驚いた。
この調子なら春くらいには、以前の青々とした状態に戻っているかも。

アダンのほうは葉だけではなく、根もチョキチョキされていたため、重傷だった茎が2つ、根腐れに似たような状態で回復できなかったものの、残った株は葉に張りも戻り、順調に成長しているので、一番大きな株は次回の清掃時に水槽内へ復帰予定。

いまは脱皮してる個体がいないので、掃除には絶好のタイミングなのだが、床砂交換時の温度調整を思案中。。。



ガジュマルが重傷

オカヤドカリ(3号)が戻ってきたのを機に、ほぼ一ヶ月ぶりの掃除。

入れ替わりに潜っていったオカヤドカリ(6号)が、タイミングよく水槽の前に姿を見せてくれたので、今回は床砂を半分以上取り替えることが出来た。

二週間ほど前に貝から抜け出た素っ裸の5号と思われるオカヤドカリを発見し、その数日後に貝を背負った5号が砂中から出てきたため、「もしかしたら4号が素っ裸で生きているのでは。。。」とかすかな期待をしていたのだが、やはり素っ裸だったのは5号らしい。

残念ながら掘り返した床砂の中には、素っ裸のオカヤドカリはいなかった。

天日干しをした床砂を湿らせ、水槽の掃除は滞りなく完了したのだが、1週間ほど前に葉を食い散らかされていたガジュマルが、更に悲惨なことになっていた。

葉だけではなく、樹皮までチョキチョキして食べている。。。。

青々としていた葉は残すところ数枚になり、無傷なものは3枚のみ。

これ以上、満身創痍のガジュマルを水槽内に入れておくわけにもいかず、掃除のついでに取り敢えず救済。
幸いにも根はしっかりしているようなので、他のアダンと同じ故障者リストの仲間入り。

復活してくれるとよいのだが。。。