オカヤドカリと雨 その2

今朝は晴れているにも関わらず、オカヤドカリたちが流木の上に避難していた。
時刻はAM6時。
どうやら木の上で寝ているらしい。

この下にオカヤドカリ(5号)、別の流木に(6号)がいて、(3号)のみ岩陰で床砂の上にいたのだが、現時点での当日の降水確率は30%、雨は深夜0時から降ってくるという予報だった。
室内の湿度は48%、水槽内は60%。

 


ただ、活動を始めてからは高所に留まるわけではなく、6号のように穴掘りに興じるのもいたり、勝手気ままに動き回っているので、特に制限のようなものはないらしい。

 

当日の天気図。
その後、AM10時頃には天気予報が更新され、午後からの降水確率が上がり、雨の降る時間も1mm以下だが22時くらいからと前倒しになったものの、雨が降り始めたのは15時過ぎで、22時以降に雨脚が強まった感じ。

翌日、昨晩から雨が降り続いているので、やはり全員が木の上にいた。

随分と昔、天気予報が当てにならないものの代名詞だった頃、気象庁に「こいつに訊け!」というメモと一緒にアマガエルが送られてきたことがあるそうだが、意外とオカヤドカリも雨の予測が出来るのかも。



クルミが好き

オカヤドカリの餌として販売されているポップコーン並に食べるものがようやく見つかった。

それが無塩・無添加のクルミ。

特にオカヤドカリ(2号)はクルミがお気に入り。

半ば横になっているような姿勢で行儀が悪い2号と、その後ろで行儀よく食べている4号。

3号もご満悦(と思う)。

これで餌のレパートリーが1つ増えたv



オカヤドカリと雨

他のオカヤドカリのことは分からないが、我が家のオカヤドカリは水に濡れるのが苦手というか、嫌いらしい。

もともと水場でも水に浸かるのを避けるように歩いていたり、床砂に霧吹きをしているときも、水がかからないような場所に隠れたり。。。

更に、気のせいか偶然か、低気圧が近づいて雨が降りそうになると、いつもは砂の上にいるのも含め、6匹とも流木の枝に登ったり、石の上に這い上がったり、床砂よりも高い位置に移動して、じっとしていることが多い。

砂の上にいた場合、雨量が多ければ小さなオカヤドカリは流されてしまう危険があるからなのか、単にずぶ濡れになるのが嫌なだけなのか、理由はわからないが、朝起きたときオカヤドカリが6匹とも高台に避難していれば、その日は雨が降る確率が高い気がする。



脱皮後は肉食

脱皮してから日増しに元気を取り戻していくオカヤドカリ(6号)。

食欲も旺盛で、生鮭やら鶏の唐揚やら、明らかに肉食の傾向が強くなっている。



脱皮の翌日

脱皮中に掘り起こしてしまったオカヤドカリ(6号)が無事に床砂から出てきた翌日。

ぎこちないものの動き始めた。