脱皮の翌日

脱皮中に掘り起こしてしまったオカヤドカリ6号が無事に床砂から出てきた翌日。

ぎこちないものの動き始めた。



脱皮から生還

沖縄からやってきた翌日に姿が見えなくなっていたオカヤドカリ6号。
逃げた形跡がなかったので、おそらく脱皮のために床砂に潜っているのだと信じて2週間が過ぎた。
実際に姿を見たのが一度切りなので、本当に脱皮しているのか確信が持てず、半ば死んだものと諦めて床砂を3分の1ほど交換した際、10cmほどの深さのところで6号を発見。

死んでいるものと思って持ち上げてみると、貝に閉じこもってフタの役割をしているハサミが微妙に動いていたので、とりあえず元の場所に戻してから埋め直してみた。

おそらく奇跡的にタイミングが良かったと思われる。
翌日には6号が地表に出てきていた。

もし数日早く掘り返していたら、6号は脱皮に失敗していたかもしれない。

とにかく無事で良かった。



オカヤドカリが動かない

一昨日の夕方頃から貝に籠もって動かなくなっていたオカヤドカリ4号が活動を再開した。

真夜中に活動した後、同じ場所に戻り、再び同じような体勢で貝に籠もったのでなければ、36時間近く活動を停止していたことになる。
オカヤドカリはまるで時間が止まったかのように活動を停止することがよくある。
さすがに1日以上動かないと気になるが、見た限り元気そうなので特に問題はないらしい。



強襲

オカヤドカリには過激派・穏健派・傍観派と、はっきり分かる個性があり、その個性が活動に大きく影響している。

穴掘りをしている穏健派のオカヤドカリ2号を、何が気に食わないのか、過激派のオカヤドカリ1号が強襲。



穴掘り職人

オカヤドカリは何となく縦に穴を掘っていくようなイメージを持っていたが、「掘り散らかす」という表現がふさわしい仕事ぶりで、穴を掘る度に水槽内のレイアウトが微妙に変わっていく。

どうも餌入れや水入れの下がお好みらしい。

微妙に居心地が良さそうな空間だったり。。

この作業を延々と数時間かけて行い、グイグイ掘り進んでいく。

ただ、掘った場所に長時間留まるようなことはなく、掘るだけ掘ったらあっさりと出てくる。