オカヤドカリと天気

本日 外は暴風

新年早々 第二次湾岸戦争が勃発してもおかしくない危機的状況になる中、今日は爆弾低気圧の影響で早朝に暴風警報が発令され、風がビュンビュン唸っている。 そんな不穏な空気を感じているのか、今日はオカヤドカリたちも非常に静かで、朝からほとんど...
植物関連の記事

ガジュマルの葉が黄色に変色

先日 購入して現在 農薬抜き中のガジュマル2鉢。 サンゴ砂へ植え替えてから3日、根に近い葉が黄色に変色し始めた。 調べてみたら、変色の原因は「乾燥」と「気温」「日照不足」が有力らしい。 室温が5℃以下になるとマズいらしいが...
植物関連の記事

ガジュマルを鉢植えに変更

先日の床砂交換時に またもやガジュマルが1株 廃棄処分になってしまった。 10月初旬に購入してから わずか2ヶ月半、今年に入ってから5株 購入して生存しているのは1株のみ。 オカヤドカリのエサとして入れているものの、年間4株...
未分類

学術秘書という人からのメール

先日、カタツムリの粘液がムチンというムコ多糖の一種だという記事をアップしたら「学術秘書」の「池田」様から「通達(みと・あかつかカンファレンス)*『ムチン騒乱;令和の改新』;安倍晋三内閣総理大臣指示【令和の改新】#令和の大号令」というタイトル...
カタツムリ関連の記事

カタツムリも大掃除

ガジュマルにくっついて沖縄からやってきたカタツムリが居候をはじめて半年。 一般的な飼育方法とは異なり、床土の代わりにオカヤドカリと同じサンゴ砂を使用して、石や落ち葉の代わりに石灰石やサンゴ石、流木などを入れた一風変わった環境ながら、うまく...
掃除と環境関連のログ

今年最後の床砂交換

昨日 寝転がって漫画を読んでいる時、妙な視線を感じたので、水槽を見てみるとオカヤドカリ1号がこちらを凝視していた。 漫画 読んでる暇あったら床砂 掃除せいや! なんとなくオカヤドカリ1号はそう...
カタツムリ関連の記事

カタツムリが残す白い跡の正体

カタツムリの水槽にヒーターを敷き、断熱シートで三方の側面を覆ったのが奏効したようで、カタツムリに冬眠する気配はなく、21時頃になるとノソノソを起き出してくる。 日中は砂の中に埋まっており、最近は2~3日連続で活動しては3日ほどのイ...
エサ関連の記事

天使の海老がお気に入り

エビの刺身が食べたくて「天使の海老」を購入した。 ニューカレドニア産の養殖エビで正式名称は「パラダイス プロン」、クルマエビ科に属するらしい。プリップリした弾力のある車海老と違って、天使の海老はモチモチした食感だが、エビらしい甘みもあって...
オカヤドカリの日常

オカヤドカリ6号は再び引っ越し

先日 オカヤドカリ2号が使っていた貝殻に引っ越した6号。 なかなか良い感じだったのだが、その貝殻が空の状態で転がっていたので、てっきり前の貝殻に戻ったものと思ったが、餌場を見ると2号の横で大きな貝が動いていた。 上から見ると...
オカヤドカリの日常

オカヤドカリ6号が引っ越し

床砂を全替えした際に、なんとなくオカヤドカリ5号か6号が使いそうな気がしたので、2号が使用してした宿貝を他の貝殻に混ぜて置いてみたら、思惑通り翌日には6号がちゃっかりと引っ越しをしていた。 なぜか今日は雨でもないのに皆が一箇所...
オカヤドカリの日常

全員揃ったので床砂全替え

オカヤドカリ2号が脱皮から戻ってきたのと入れ替わりで6号が潜っていったので、床砂の交換は延期だと思っていたら、こちらの考えを見透かしたように6号がひょっこり戻ってきた。 気温も高めで床砂の交換には最適なので、午後から重い腰を上げて床砂...
脱皮関連の記事

オカヤドカリ2号が戻ってきた。

潜ってからちょうど40日、ようやくオカヤドカリ2号が戻ってきた。 今回ははじめての30日超えだったので少々不安になったが、戻ってきた2号は1号と同じ緑サザエを背負っていることもあり、パッと見は1号と見分けがつかなくなった。 ...
タイトルとURLをコピーしました