5号が再び脱皮に突入

台風21号が直撃する1~2日前から流木や石の上にいることが増えたオカヤドカリ。

直撃2日前の9月2日には、第二回 G5が開催されていた。

1号が脱皮から帰還したのは9月3日の晩から9月4日の朝の間で、9月4日の朝には1号以外のオカヤドカリは、すべて流木や石にしがみついている感じで微動だにしない。

やはり彼らは天気を察知しているらしい。

で、台風が通過するのを待っていたかのように、9月5日の朝には2号・4号・5号の姿が消えていた。
ただ、4号はその日の夜には砂まみれで戻ってきた。

それから2日、以前の4号と同様、2号が床砂の中から姿を見せた.。
ただ、4号は床砂の一番下にいたのだが、2号は床砂の3分の2くらいしか潜っておらず、しかも4号の時はそれほど動いていなかったのだが、2号はガンガン動いている。

そのまま穴を掘り進めて、床砂深くに姿を消していくものだとばかり思っていたが、まさかの地上帰還。

結局、台風の翌日から1週間以上 姿を見せていないのは5号だけになった。

9月2日に床砂を3分の1ほど入替えしたことが原因かもしれないが、台風が過ぎてから1号・2号・4号がやたらと砂の中へ潜るようになった。
一度潜ると半日程度は出てこず、脱皮に入ったのかと思っていると、ひょっこりと姿を見せる。

何か理由があると思うが、とりあえず水槽内はあちこち穴と砂山ができている。



1号が戻ってきた。

8月2日から姿が見えなくなった1号が無事に戻ってきた。
脱皮期間は33日で、5号や6号に比べ1週間ほど長かった。

やはり脱皮明けは身体が動かしづらいのか、戻ってきてからもしばらくはじっとしていることが多い。

ちょうど大型の台風23号が直撃する当日というタイミングで戻ってきた1号。
これで2ヶ月ぶりに全員揃った。



6号が無事に帰還

7月20日に姿を消した6号が随分と早く戻ってきた。
今回の脱皮期間は12日。

5月の初旬から3週間ほどかけて脱皮したので、2ヶ月ほどで再び脱皮したことになる。
脱皮前と比べると、なんとなく少しガッチリした気もする。

ちょうど砂中から出てきたところらしく、4号から手荒な歓迎を受けていた。

脱皮後恒例の「お肉」をあげると、なぜか待ってましたとばかりにやってきたのは2号だった。
この後、6号も食べた模様。



1号が脱皮に突入した模様

5号と入れ替わりで6号が2度目の脱皮に突入してから10日。
今度は最も大きく活動的な1号が姿を隠してしまった。

最近は以前のような活発な行動が減り、直近の数日間は物陰に隠れていることが多くなっていたのだが、昨日から探しているものの、どこを見ても見当たらない。
どうやら6号についで、1号も脱皮するために潜っていったらしい。

5cmほどの大きさがある1号が、脱皮にどれくらいの期間を要するのか不明だが、またしばらく床砂の交換ができないことだけは確定した。



5号が脱皮から生還

7月10日くらいから脱皮に突入したと思われる5号が、思ったよりも早く7月24日に戻ってきた。


脱皮の期間はちょうど2週間。

そして脱皮後のディナーは恒例のお肉!
やっぱり5号もガツガツと肉に喰らいついていた。
心なしかハサミが以前よりも一回り大きくなっている気がする。

先日の4号ほど脱皮後の動きは活発ではないものの、もともと5号は大人しかったので、自然な感じと言えなくもない。

ただ、5号が生還したのは良いのだが、床砂を交換した際に行方不明で、その後ひょっこり姿を見せた6号が、その後 再び姿を消してしまった。

床砂を替えたのが7月20日なので今日で5日になる。
どうやら6号は我が家へきて2度目の脱皮を始めたらしい。



脱皮後はやっぱり肉食

6号が脱皮した後、やたらと肉食傾向が強くなったので、4号にも野菜の他に牛カルビの素焼きを与えてみた。


やっぱり野菜には目もくれず、カルビをエサ皿から取り出し、独り占めして食べ始めた。
和牛だし、きっと4号もご機嫌のはず。



4号が脱皮から生還、そして5号が脱皮に突入

6月30日に「今から脱皮しまーす」と報告するように姿を見せた4号。

あれから12日。
仕事から帰ってきたら、4号がちょうど床砂から出てきたところに遭遇した。

脱皮で大きくなったのかは、よく分からないが、とにかく元気そうで何より。

脱皮明けだというのに、もう活発に動き始めている。

ただ、4号が出てきたのは良いのだが、昨日あたりから5号の姿が見えなくなった。
次は2号が脱皮すると思っていたが、どうやら入れ替わりで5号が脱皮に突入したらしい。。。



肉食系

最近やたらと砂の中に潜っているというか、トンネル堀に勤しんでいる2号。


ポークステーキの切れ端を軽く水で洗ったものを与えてみると、待っていましたとばかりに2号がやって来た。
どうやらポークステーキはお気に召したようで、1時間かけてガッツリと肉を補給。
なんとなく脱皮前の4号に行動パターンっが似ているので、もしかすると2号の脱皮も近いのかも。



脱皮中のはずの4号が出現

数日前から姿を消した4号。
おそらく脱皮に入ったものと思っていたが、その4号が不意に所在を明らかにした。

なんと15cmある床砂の一番下まで潜っている。
水槽の底面付近を横に掘り進んでいたら、ガラスに阻害されたっぽい感じ。
そのまま見えている場所で脱皮を始めた場合を考慮して、すぐに断熱シートでマスキングしてみたものの、翌朝にはどこかへ移動していた。

てっきり脱皮のときは垂直に潜って、適当な場所ですぐに脱皮を始めるものかと思っていたので、4号の出現には少々驚いた。
オカヤドカリは個性豊かなので、たまたま4号が神経質なだけなのかもしれないが、場所を決めるだけでも結構な日数を要するらしい。
姿を消してからすでに1週間ほど経過している。

脱皮に約2週間かかるとして、場所決めに1週間かけていたら、今度お目にかかるのはほぼ一ヶ月後になるが、不意に姿を消した4号が、脱皮の準備中だということがわかっただけでも一安心。



4号が脱皮を初めたらしい

以前は穴掘りといえば1号の専売特許だったが、最近は2号と4号の宿貝に砂がついていることが増えていた。

2号は地表から4cm程度のところを横に掘り進んで地表に戻ってくるが、4号は姿を隠すことが多くなり、いつの間にか砂まみれで流木に止まっていたりしていた。

その4号の姿が3~4日前から見えない。
もともと隠れるのが上手く、一番見つけにくい個体なのだが、6月22日に床砂を換えた時には確かにいたので、6月25日くらいから見ていない気がする。

さすがに4日も姿を隠したことはないので、どうやら4号は脱皮のため砂の中に潜っていったらしい。

再び元気な姿を表すまで「無為を為す」ことになった。