台風24号接近中

21号に続き、大型の台風24号が勢力を保ったまま接近中。
すでに沖縄や宮崎では大きな被害が出ている。

ただ、前回の21号は日本海に抜けたので直撃を食らったが、今回の24号はそのまま関東に向かうようなので、暴風域には入るものの直撃は避けられる模様。

17時頃から雨脚が強まり、21時くらいから風が凄いことになっている。

と、そんな台風が来る日の午前11時頃の様子。

2号と4号は2日ほど前から再び床砂の中へ姿を消してしまったので、地表には1号・3号・5号・6号の4匹いるのだが、脱皮明けの5号以外は全て高台へ避難。

このとき5号は乾燥エビを食べている最中で、その後は流木シェルターの奥で、天井にしがみついていた。

まるで台風に備えるように3号も5号もこのまま動かず、19時なっても同じ状態が続いている。
5号もシェルターの奥から出てこない。

唯一、1号だけが17時頃、更に高いところへ自主避難。

暴れん坊の1号が神妙にしていると、台風被害のニュースよりも、接近中の台風が危険だという実感が湧いてくる。。。

一昔前に比べると近年は自然災害の被害が大きくなり、危機管理に対する意識が高まっているものの、被害が起きてから右往左往する人間に比べると、半日も前から台風に備えているオカヤドカリのほうがはるかに賢いのかも。



台風一過とガジュマル

ここ最近、地震・豪雨・酷暑・台風と災害のオンパレードのようだが、やはり台風が来る前日のオカヤドカリは、いつも活発に動いている時間も大人しく、流木やアダンの葉の上など、それぞれ床砂よりも高い場所でじっとしている。
また、偶然なのか、今回は台風が来る2~3日前から穴掘りが盛んに行われていた。

台風12号は午前1時くらいから激しくなり、3時くらいがピークだったと思うが、不思議と台風が直撃している頃には、高台から下りてきてノソノソと活動を始めている。

台風が過ぎ去ると、いつもの平穏な感じに。

オカヤドカリのために購入したガジュマルは、農薬抜きのために無農薬の環境に植え替え、剪定して丸裸にしたものを育てているのだが、夏場になり水を多めにあげたら急激に成長をしはじめた。

ただ、ガジュマルの根は細く、水槽内で直植えをして、床砂を変えるたびに取り出すというわけにはいかないので、スペースの問題もあり今のところ水槽に入れる予定はなし。

沖縄にはガジュマルの古木にキジムナーという妖怪が宿っているという伝承があり、Wiki情報ではその性質はほぼ「座敷わらし」。
座敷わらしと同様、キジムナーも幸せだけを運ぶ妖怪ではないようだが、「気に入られたら繁栄する」というところだけが拡大解釈されたようで、「ガジュマル」=「幸せを呼ぶ木」ということになったらしい。
Wikiには住処の古木を切ったりすると、徹底的に祟られるとあるので、ガジュマルを枯らしたら逆恨みされるかも。

そんなガジュマルは「多幸の木」とも表現されているが、アダンのような「タコノキ科」の植物ではなく、「クワ科」の植物だったりする。



オカヤドカリと雨 その4

昨日からの雨が強まり、今朝は豪雨予報の通知が頻繁に来る。

豪雨予報が来るのも当然な状況なのだが、今朝のオカヤドカリは高い場所に避難しているわけではなく、床砂よりも少し高いところにいる。

不思議なことに5体とも、示し合わせたように同じような高さの場所にいる。

降っている雨が原因なのか、真上で停滞している前線に反応しているのか、今朝はたまたま高いとこよりも低いところが良かったのか、昨晩のエサがゼリーだけだった事に抗議しているのか。。。

相変わらず行動が謎だったりする。



オカヤドカリと雨 その3

昨日はYahooの「豪雨予報」を4度受信、それなりに雨が降った。
ただ、低気圧が北東に抜け、大陸の高気圧に押されて梅雨前線が南下したので、今日の天気予報は「曇のち晴れ」。

ところが、我が家の天気予報士は6体揃って高所に避難している。

今朝は湿度が高めで、水槽内が80%ほどあるのだが、昨日の雨を嫌って登っていたのか、高所への避難は雨と無関係なのか。。

その日は結局、終日雨が降ることはなく、午後からは天気も回復し、水槽内は何事もなかったかのように、穴を掘ったり木に登ったりの平常運転になった。



オカヤドカリと地震

今朝8時頃、大阪北部地震が発生し、住宅周辺は震度5弱。
水槽の水がこぼれるくらい揺れたのだが。。。

魚や鳥、ネズミなどは地震を予知して、異常行動をとることがあったりするが、雨に敏感なオカヤドカリたちも、地震に関しては目立った行動はない。
ただ、偶然なのか、地震発生後はいつも活動的な1号・2号・4号・6号が、まるで何かに備えているかのように、動き回ることなく、皆が枝や石に張り付いている。

ちょうど台風6号が低気圧に変わり、梅雨前線が近づいているので、雨を嫌っての行動なのか、地震の何かを感じているのか、ただの気まぐれか、今日のオカヤドカリ達は不気味なほど静か。

ようやく動き始めたのは、電車の運転再開よりも早く、地震発生から4時間後。
ところが、今度は示し合わせたかのように、各々が流木の枝先に移動して、何やら儀式めいた配置になった。

何かと交信していたのか、何かのパワーを得ていたのか。。。
地震の日の不思議な光景。



オカヤドカリと雨 その2

今朝は晴れているにも関わらず、オカヤドカリたちが流木の上に避難していた。
時刻はAM6時。
どうやら木の上で寝ているらしい。

この下に5号、別の流木に6号がいて、3号のみ岩陰で床砂の上にいたのだが、現時点での当日の降水確率は30%、雨は深夜0時から降ってくるという予報だった。
室内の湿度は48%、水槽内は60%。


ただ、活動を始めてからは高所に留まるわけではなく、6号のように穴掘りに興じるのもいたり、勝手気ままに動き回っているので、特に制限のようなものはないらしい。

当日の天気図。
その後、AM10時頃には天気予報が更新され、午後からの降水確率が上がり、雨の降る時間も1mm以下だが22時くらいからと前倒しになったものの、雨が降り始めたのは15時過ぎで、22時以降に雨脚が強まった感じ。

翌日、昨晩から雨が降り続いているので、やはり全員が木の上にいた。

随分と昔、天気予報が当てにならないものの代名詞だった頃、気象庁に「こいつに訊け!」というメモと一緒にアマガエルが送られてきたことがあるそうだが、意外とオカヤドカリも雨の予測が出来るのかも。



オカヤドカリと雨

他のオカヤドカリのことは分からないが、我が家のオカヤドカリは水に濡れるのが苦手というか、嫌いらしい。

もともと水場でも水に浸かるのを避けるように歩いていたり、床砂に霧吹きをしているときも、水がかからないような場所に隠れたり。。。

更に、気のせいか偶然か、低気圧が近づいて雨が降りそうになると、いつもは砂の上にいるのも含め、6匹とも流木の枝に登ったり、石の上に這い上がったり、床砂よりも高い位置に移動して、じっとしていることが多い。

砂の上にいた場合、雨量が多ければ小さなオカヤドカリは流されてしまう危険があるからなのか、単にずぶ濡れになるのが嫌なだけなのか、理由はわからないが、朝起きたときオカヤドカリが6匹とも高台に避難していれば、その日は雨が降る確率が高い気がする。