カタツムリの生態と飼育

飼育の基本

Katatsumuri022

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。

Okayadokari143

葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破損していた。

カタツムリの生態

カタツムリは 陸生の巻貝( 貝が退化したものがナメクジ ) で、乾燥 と 低温に弱いため オカヤドカリと同じ 高温多湿の飼育環境が必要になる。

レタス・きゅうり・にんじん・サニーレタス が好物で、貝 を形成するためにカルシウムが必要なため 飼育下では 卵の殻 などを与える。

カタツムリが ブロック塀に張り付いているのは、セメントから溶け出したカルシウムを摂取しているため。
オカヤドカリでも同じ現象が見られたが、同じ野菜でも 産地 が違うと全く食べなくなり、カタツムリは スーパーで 売っている 個人農家の「 ◯◯さんの野菜 」みたいな感じの サニーレタス と きゅうり は全く食べないが、普通に販売してある サニーレタス と きゅうり はモリモリと食べた。
活動時間

カタツムリは 夜行性 のため 強い光が苦手で 日中は 地中 や 落ち葉の下 などに身を隠し、我が家のカタツムリは 毎晩 23時頃 ~ 翌 5 時頃まで 活動してから 地中も潜っていたが、地中に潜ったまま1週間ほど 出て来ないこともある。

室内が明ると 夜間でも出てこない。
寿命

カタツムリの寿命 は 身体の大きさに比例して長くなり、小型の殻の薄い種類は1年程度か それ以下。

冬眠

カタツムリは 暖かければ冬眠することはないが、高温多湿の状態でも長期間 活動を停止しることがある。

寄生虫

カタツムリの寄生虫で有名なのは 広東住血線虫 (かんとんじゅうけつせんちゅう ) で、カタツムリやナメクジの生食によって体内に入り、国内でも死亡事例が発生している。
国内では 広東住血線虫症 の多くが沖縄で発生しており、大型のカタツムリ アフリカマイマイスクミリンゴガイ などを食べているのが原因。

広東住血線虫の最終宿主はネズミで、寄生したネズミの糞を食べたナメクジ や カタツムリが中間宿主となり、ナメクジ や カタツムリを食べたカエル や トカゲが待機宿主になる。

カタツムリの蓋 ( エピフラム )

カタツムリは湿度が低く乾燥してくると 身体の水分を保つため、貝の入り口に 膜 ( エピフラム ) を張って入り口を閉じてしまう。

katatsumuri002

エピフラム は カタツムリが出す 粘液が乾燥して出来たもので、夏場に エピフラムを張って活動が休止状態になることを 夏眠 という。

エピフラムを張っている場合は 飼育環境の湿度が低いため、霧吹きの回数 や 量を増やすなど 水槽内の湿度を高めるようにする。

katatsumuri027

カタツムリの粘液は 乾燥すると 白くなるので、春 ~ 夏には カタツムリの通り道 が白くなって残る。

カタツムリの粘液は 粘液糖タンパク質の混合物質 グリコサミノグリカン ( ムコ多糖 ) の一種 ムチン が主成分で、ムチンは水溶性のため 水分があると水に溶け、乾燥すると ムコ多糖 が残って白い物質として見えるようになる。
グリコサミノグリカンには コンドロイチン硫酸 や ヒアルロン酸などがあり、カタツムリの粘液に含まれる ムチン や アラントインも肌に良いらしく、韓国コスメでは カタツムリの粘液を使用した化粧品が販売されている。

カタツムリの飼育

カタツムリは森林などに生息しているので、土 や 落ち葉 などで 自然に近い環境を作るのが一般的。

Katatsumuri012

我が家のカタツムリは 出会いがイレギュラーだったため、サンゴ砂・流木・石灰石 などオカヤドカリと同じ飼育環境で、餌入れには 二枚貝を使用。

サンゴ砂は塩分が気になったため、新しいものではなく何度か洗って天日干しをしたもの使用。

katatsumuri003

水入れは使用せず、餌の 野菜 や 餌入れ、水槽の壁面に 水滴が付く程度に 浄水を霧吹きで 毎日 与える。

Katatsumuri032

カタツムリは 砂に隠れる程度 しか潜らないため 床砂の厚みは5cm 程度で、水槽内を 雨上がり のような ジメジメした状態にすると 夏眠することもなく 活発になる。

床砂の交換は オカヤドカリと同じタイミングでしていたので 1 ~ 2ヶ月に1回程度。

Okayadokari 363

餌を食べた形跡があれば 新鮮なものと交換。

20220525 004

サンゴ砂を使用しているためか 卵の殻 に無反応だったので、オカヤドカリが見向きもしなかったカトルボーンを与えると 気に入った様子。

越冬

冬眠 は カタツムリも負担が大きいため、ヒーター や 断熱シートを使用して 冬眠 を回避する。

Katasumiri026

乾燥 を 防ぐため 水槽の蓋は ラップで塞ぎ、周囲を断熱シートで囲い、水槽の底から シートタイプのヒーターで暖める。

水槽内の温度調整をするため プラケースを2個用意して 同じ環境を作った。
水槽内が汚れてきたら、予備の水槽をセッティングしてヒーターで温度調整を行い、夜になってカタツムリが顔を出したところで水槽を入れ替える。

飼育レポート

カタツムリは完全な夜行性で 光を嫌うため 活動している姿を見ることが稀で、餌の減り具合 や 移動した跡などを見て 無事を確認し、毎日のように餌を替えて 霧吹きをする、まるで引き籠もりを相手にするような不毛さがある。

週に1~2回しか姿を見ることがなくても、健気に成長していく姿には癒される。

人間がやるような横着ぶりも愛嬌。

冬対策が奏功して カタツムリは 冬眠することなく越冬。

当初は オカヤドカリと似たような環境にしていたため湿度が低く、夏場は 何度か エピフラムを張って夏眠し、長い時は2週間ほど潜っていたが、水槽内をジメジメするような環境にしてからは 活発になった。

2019年 5月から飼育を始め 1年近く経ち カタツムリは成長したとはいえ、寿命は1年程度の小型であることに変わりはなく、2020年 4 月に 20日ほど 砂から出てこなくなった時は 死を覚悟したが、何事もなかったように出てきて、それからも よく食べ、まったく寿命など感じさせない日が続いた。

カタツムリの様子に変化が出始めたのは9月になってからで、食欲は以前として旺盛だったが 日中も地表で寝るようになり、9月13日の夜 水槽の壁面を這っている姿を見ていると、吸着力を失った吸盤のように壁面から落ち、そのまま殻に籠もって動かなくなった。

最後の力を振り絞って姿を見せてくれたのか、我が家へ来てから 1年4ヶ月、大往生だと思いたい。

タイトルとURLをコピーしました