カタツムリの生態

カタツムリは知っているが、いざ飼育するとなると、その生態について全くの無知だということに気付いたので、ちょっと調べてみた。

カタツムリは陸生の巻貝で、貝が退化したものがナメクジ。
近年は言葉狩りが激しいのだが、「蝶と蛾」「カタツムリとナメクジ」のように、ほぼ同じ生き物なのに、見た目の印象で呼び名の響きに違いがあるものが多い気がする。

子供の頃はナメクジを発見しては問答無用に塩をかけていたが、実はカタツムリもナメクジも農作物を荒らす害虫。
確かにカタツムリの食いっぷりを見ていると、害虫認定されてもしかたないとは思う。

そして今回もっとも気になったのが寄生虫。
何度かニュースで耳にしたことがあったので調べてみたら、カタツムリやナメクジを生食した事によって、「広東住血線虫」という寄生虫によって死亡事例が発生している。
国内では広東住血線虫症」の多くが沖縄で発生しており、その原因と思われている1つが「アフリカマイマイ」。
アフリカマイマイの他には数種類のナメクジやスクミリンゴガイ、アジアヒキガエルなどがいるが、広東住血線虫の最終宿主はネズミで、寄生したネズミの糞を食べたナメクジやカタツムリが中間宿主となり、ナメクジやカタツムリを食べたカエルやトカゲが待機宿主になる。

エスカルゴ料理ならいざ知らず、普通に考えてカタツムリやナメクジは生で食べることはないと思うのだが、どうやらカタツムリやナメクジを食べる民間信仰や風習は各地にあるらしい。
また、感染源として直接カタツムリやナメクジを食べていなくても、野菜サラダなどの生野菜と推測されている事例もある。

我が家に居候中のカタツムリも沖縄出身なので、ちょっと微妙な感じなのだが、大きさや貝の形状から察するにアフリカマイマイではなさそう。
ただ、カタツムリに限らず、野生生物に寄生虫はつきものなので、注意するに越したことはない。

Okayadokari154

カタツムリは見た目から乾燥に弱そうだが、実際に乾燥と低温には弱いらしく、空気が乾燥していると動きが鈍くなったり、貝の中に閉じこもってしまうらしい。

ただ、我が家のカタツムリは外気の湿度に関係なく、日中は必ず砂の中に潜っている。
オカヤドカリと同じサンゴ砂を床砂にしているので、はじめは貝の形成に必要なカルシウムを摂取するために潜っているものかと思ったが、どうも強い光が苦手らしい。

ちょうど砂中から顔というか触覚を出したところに出くわしたので、写真を取るためライトを当てると、「うわぁ」と声が聞こえてそうなリアクションで、砂の中に戻っていった。
再び顔を出したのはライトを消してから10分後。

Okayadokari155

23時頃から活動を開始し、生野菜を食べた後、水槽内を這い回って、翌朝には砂の中に潜っているといった生活を送っている。

キュウリやレタス、ニンジンはよく食べるが、キャベツの芯はあまりお好みではないらしい。

また、驚いたことに中心部分が割れていたはずの貝が、わずか数日で完全に修復していた。

すごいなカタツムリ!



オカヤドカリ(1号)の宿替え その2

緑と茶色で散々、悩んでいたオカヤドカリ(1号)。
ようやく茶色に決まったかと思いきや。。。

Okayadokari151

翌日には今まで興味を示していなかったパールの貝に移っていた。

Okayadokari152

しかも今回は結構、気に入っているらしく、あれだけ悩んでいた緑の貝や茶色の貝には見向きもしなくなった。

よほど拘りがあるのか神経質なのか、1号の引っ越しはまだ終わらない。

Okayadokari153

で、大食漢のカタツムリは、昨日の晩から砂の中に潜ってしまった。

カタツムリが砂の中に潜るとは思ってもみなかったが、キュウリやレタスを食べるだけ食べて潜っていったので、調子が悪いというわけでもなさそう。

ネットで調べても有力な情報は見当たらず、とりあえずしばらく様子を見ることにした。



オカヤドカリ(1号)の宿買え

我が家へ来て1年、その間に一度も宿替えをしていないのがオカヤドカリ(2号)。
大小様々な貝を揃えてみたものの、気に入ったものが無いらしく、いまでは完全に貝の中へ身体を収めることができなくなっている。

なんとか気に入ってもらえるよう、今回もガジュマルや石灰岩の隠れ家と一緒に貝も購入。

Okayadokari148

ただ、新しい貝に興味を示したのは1号。

水槽の掃除が終わって3時間後には、3号や6号と同じ緑色の貝に引っ越しが終わっていた。

ところが、、、

Okayadokari149

その1時間後には茶色の貝になり、更にその後で元の貝に戻り、また緑の貝に引っ越し。。。。。
と、確認しただけで5回はお色直しをしていた。

Okayadokari150

最終的には茶色の貝に落ち着いたらしい。

ただ、2号はまったく興味を示さない。。。orz



新規のガジュマルと珍客

前回の掃除から10日ほどしか経っていないが、水槽内のガジュマルが瀕死状態になっていたため、新しいガジュマルを手配した。

Okayadokari142

新芽はもとより枝も切り取られ、樹皮も剥ぎ取られてしまったガジュマル1号。

Okayadokari141

ガジュマル2号も枝をチョキチョキされた形跡はあるものの、緑の葉が落ちていたので、どうやら原因は水のやり過ぎっぽい。

前回同様に救済はしてみたが、ガジュマル2号は1号に比べると根の状態が良くなさそうなので復活は微妙。

Okayadokari143

で、沖縄から新しく届いたガジュマルの土を落としていたら、葉にカタツムリを発見!

カタツムリと言っても何やら黒い。。。
カタツムリを見たのも数年ぶりな気もするが、記憶にあるカタツムリはもっと薄茶色。

本体部分も黒なら貝も黒い。
沖縄のカタツムリは黒いのか!?

と思ってググってみたら「黒いカタツムリ」は日本全国にいるらしい。。。

Okayadokari144

近くに逃してやるような場所もないので、我が家で滞在してもらうことにした。

Okayadokari145

キュウリの切れ端をあげてみたら、ちっちゃい身体の割に食べる食べる。

Okayadokari146

水槽内には新しいガジュマルと石灰岩の隠れ家を設置。

Okayadokari147

オカヤドカリたちもご機嫌。



1周年の大掃除

オカヤドカリが我が家へ来てちょうど1年。
気温も高くなり、ちょうど全員が揃っているので、この機に床砂を全替えすることにした。

Okayadokari135

最近は脱皮しているオカヤドカリがいたので、床砂の全替えは2ヶ月ぶり。
すでに藻のようなカビのようなものがビッシリと生えている。

さすがに床砂の汚れ具合はひどかったが、汚れの原因は切り取られたガジュマルやアダンの根っこ。
どうやらオカヤドカリたちが地中を進んでいる最中、食べているのか、行く手を阻むものを切り取っているのか、やたらと根っこの残骸が出てくる。

Okayadokari136

砂を全部洗い終わった後、水槽を洗うことにした。
藻のようなカビのようなものもしっかりと洗い落としてスッキリ。

Okayadokari138

新しい砂を敷いてオカヤドカリを戻してやると、皆がいそいそと動き始めた。

Okayadokari139

いつもと様子が違っている気がしていたら、30分ほどすると皆が高所へ移動し始めた。

Okayadokari140

これは明らかに雨の前触れ。
ただ、今日は朝から晴天で天気予報でも晴れ。

ところが2時間後、天気が急変して雷が鳴り始めたと思ったら、その数十分後には激しい夕立が。。。(゚д゚)!

夜には高所から降りてきたので、明日は晴れるらしい。



オカヤドカリとサツマイモ

我が家のオカヤドカリ達は、なぜだか揚げ物が好物らしく、たまに鶏の唐揚やトンカツをあげると、肉よりも周りの衣を食べ始める。
あまり健康には良さげではないが、人間で言うところのジャンクフードのようなものなのかもしれない。

もともとエサに関しては嗜好の個体差が激しいので、サツマイモを3種類用意して与えてみた。
用意したのは、自宅で普通に揚げた「サツマイモの天ぷら」、薄切りにしたサツマイモを水で濡らした後ラップしてレンジした「蒸かしイモ」、生のまま薄切りにした「生のサツマイモ」の3種類。

真っ先にやってきたのはオカヤドカリ(2号)で、やはり食べているのは天ぷら。
2号は以前から油っこいものに目がなく、クルミも好物だったりする。

次に来たのは5号。
5号もサツマイモの天ぷらが気に入ったらしい。

3号は天ぷらを少し食べた後、蒸かし芋にご執心。

2号と好物が似ている6号も「天ぷら」。

やはり揚げ物が大人気。
と、思っていたら、意外と後から蒸かし芋を食べに来るオカヤドカリが多かった。

結局、天ぷらと蒸かし芋の人気は同格っぽい感じで、食べ残しを見ても似たような食い散らかしようだった。

で、全くと言っていいほど手をつけていないのが生のサツマイモ。
最も自然な状態の食べ物を避けるって、天然記念物としてどうかと思うが、とりあえず蒸かし芋は気に入ったようなので、エサのレパートリーに追加。

 



オカヤドカリと雨 その5

オカヤドカリたちが雨が降る前に高所へ移動することに気づいて、そろそろ1年。
はじめは偶然かと思っていたが、今では確信に変わっている。

Okayadokari131

大抵の場合、高所へ移動するのは雨が降る前日くらいから半日前。

5匹中、4匹が流木の中段あたりから上にいると、ほぼ確実に雨が降る。

Okayadokari132

先日も皆が高所に移動した翌朝、軽く雨が降り、その後は曇り空が続いて、天気は回復に向かうという予報だったのだが、オカヤドカリたちは高所に留まったまま、降りてくる気配がない。

Okayadokari133

その数時間後、短時間だがけっこう強い雨が降ってきた。

最近の天気予報は「晴れマークはついてますが、雨が降ることもあるのでご注意ください」と、ちょっと意味が分からないことを言ってたりするので、オカヤドカリのほうが信用できたりする。



オカヤドカリ(5号)が無事帰還

床砂の掃除を終えた2日後、タイミングを図ったように脱皮中のオカヤドカリ(5号)が戻ってきた。
今回の脱皮期間は約20日。

Okayadokari130

改めて見てみると、1年前のオカヤドカリ(3号)と変わらない大きさになっている。

Okayadokari037

我が家へ来て2ヶ月が経過した頃の5号。
わずか1年で随分と立派になった。


脱皮から戻ってくるなり餌場に直行したので、冷凍していた鮭を湯煎してあげると、ポップコーンやサトウキビには目もくれず、鮭に喰らいついていた。



ガジュマルが再び重症に

オカヤドカリ(5号)の脱皮が空けるのを待っていたものの、2週間が過ぎても戻ってくる気配がないので、仕方なく今回も床砂の表面のみ交換。
掃除する直前にオカヤドカリ(6号)が砂の中に潜っていったが、そのまま放置して掃除を続行。

Okayadokari125

一時はほとんどの葉が食われてしまったガジュマルも、随分と回復していた思っていた矢先、また派手にやられてしまった。

どうやら樹皮が美味しいらしい。

Okayadokari129

今日は黒カビが目立っていた水入れと餌入れをハイターで漂白。
見事にきれいになった。

Okayadokari128

掃除後は気のせいかテンション高め。

Okayadokari126

5匹の中で唯一、オカヤドカリ(2号)だけは、あまり警戒心がない。

Okayadokari127

3号は天井の散歩をするかお悩み中。



オカヤドカリが活動する気温

断熱シートを取っ払ったものの、まだまだ寒い日が多く、水槽内の気温も20℃を下回ることが多いが、オカヤドカリたちは気温によって活動に変化が見られる。

Okayadokari122

気温が低下した際の行動もそれぞれ個性があり、オカヤドカリ(1号)と(3号)は砂の中に潜っていき、オカヤドカリ(6号)は身体がすっぽりと隠れる凹みに身を潜め、オカヤドカリ(2号)は潜ること無く流木やアダンの影でじっとしている。

彼らは水槽内の気温が20℃を下回ると、それぞれの行動に出ることが多く、水槽内が23℃を超えてくると、動きが活発になってくる。

Okayadokari124

活動は昼夜を問わず、地表に2号しか見当たらないときでも、部屋に暖房を入れてしばらくすると、いつの間にか皆が姿を表し、ガサゴソと動き回っている。

Okayadokari123

水槽の底面にはヒーターを入れているものの、床砂の温度も20℃くらいなので、それほど高いわけではなのだが、本能的に寒さから身を守っているらしい。