カタツムリの越冬

カタツムリは越冬するのだが、暖かければ冬眠することはないらしい。

Katatsumuri024

引きこもり体質は変わらないが、餌はしっかり食べているので、見るたびに大きくなっている気がする。

この大飯食らいの居候は、気温に関係なくエピフラムで入り口を塞いでインターバルに入るので、同じ調子で冬眠に入る気もするが、沖縄出身なので どの程度 寒さに耐性があるのか分からない。

Katatsumuri025

取り敢えずオカヤドカリの水槽に使用している断熱シートの余りで四方を囲んでみた。

しばらくはこの状態で様子見。



ガジュマルが再び全滅

5月に購入したガジュマル3号と4号が見事に枯れてしまった。

Okayadokari256

枯れたと言うよりもオカヤドカリに食べ尽くされたといった感じ。

葉を食べてしまうと、次は新芽を刈り取り、更に若い枝から樹皮を剥ぎ取り、文字通り丸裸にしてしまった。

Okayadokari257

根っこも随分と短く、しかも焦げ茶色に変色している。

Okayadokai258

アダンは4鉢あったものが残り1鉢になったものの、どうにか生き残っている。

アダンのほうが成長は早いようで、長く伸びた葉を良い具合にオカヤドカリ達が剪定している感じだが、ガジュマルはオカヤドカリの剪定に成長が追いつかなかったらしい。

Okayadokari259

新たにガジュマル5号と6号を投入。

来春まで保ってくれるとよいのだが。。。

今年も冬支度

数日前からオカヤドカリ1号が暴れている。
砂の中に潜るわけでもなく、床砂を掘り散らかしている。

Okayadokari253

どうやら床砂が汚れていて ご立腹らしい。

最低気温 20℃、最高気温 25℃ を下回る日が続いて、床砂の温度も23℃くらいになったので、この機会に水槽を冬仕様に変更することにした。

いまはオカヤドカリ2号が潜っているので床砂は半分ほど交換し、断熱シートで水槽の三方を囲い、前面も水槽の半分程度までを断熱シートを貼り、水槽の下と背面にヒーターを設置。

オカヤドカリたちは脱皮の際、最深部まで潜るので、底面にヒーターを直付して、砂が高温になることを防ぐため、水槽の下にも断熱シートを敷き、水槽は厚さ1cmのゴム板で浮かせて、水槽と断熱シートの間にヒーターを設置している。

昨年は試行錯誤しながらの冬支度だったが、2度目の冬はセッティングも楽。

Okayadokari1

取り敢えず、水槽の下に設置してあるヒーターの電源を入れると、数時間で床砂の温度が27℃まで上昇。

水槽内の温度は26℃、湿度は85%をキープしているので、壁面のヒーターはいまのところ設置のみ。

オカヤドカリ達にとっては暑すぎず寒すぎない、活動しやすい環境になった。




台風19号が接近中

一時はハリケーンのカテゴリー5に相当する大きさがあったスーパー台風「ハギビス」。
日本に接近する頃には通常の大型台風になっているものの、すでに結構な雨が降っており、大阪には大雨・暴風・洪水・波浪・高潮 警報が発令されている。

Okayadokari248

で、我が家の天気予報士たちは昨晩から高所で待機中。
オカヤドカリ2号は2日前から潜っている。

天気予報では午後から風雨が強まるということなのだが、なぜだか待機していたのは午前中までで、12時半くらいから皆が活発に動き始めた。

Okayadokari250

まだ外は雨が降ってるのにオカヤドカリ6号をはじめ一斉に地表へ降り始め、それぞれ水飲み場や餌場などに向かって、いつもの感じに戻った。

Okayadokari251

オカヤドカリ5号も元気に動き回っている。

Okayadokari249

しかも、オカヤドカリ2号まで顔を出してきたり。。。

珍しい行動だと思っていたら、なんと30分後には傘がいらない程度に雨が小降りになった。(゜o゜;

そして1時15分過ぎには皆が再び高台へ。。。
どうやら まだ警戒が必要らしい。



オカヤドカリ5号にご執心

オカヤドカリ3号が5号から離れて数日は何事もなかったが、昨日から再び5号を掴んだまま放さなくなった。

Okayadokari246

アダンの根本でガッチリ抑え込んでいる。

少々の強引さは必要だと思うが、しつこいのは嫌われるぞ。。。

で、24時間以上 経過しても離す気配がなく、相変わらずオカヤドカリ5号は貝に籠もったままなので、さすがに5号のストレスが気になり、軽く霧吹きをかけてみた。
いつもなら「降ってきた!」と言わんばかりに物陰へ身を隠すのに、今回は5号を掴んだまま耐えている。

仕方なく一度 引き離してみたら、物凄い勢いでオカヤドカリ5号を追いかけてくる。
竹ピンセットで妨害したものの、諦めるどころか妨害を振り切って5号の元へ向かうので、あまりの必死さに妨害したことへの罪悪感が。。。(-_-;)

Okayadokari247

オカヤドカリ5号もさっさと高台に逃げれば良いものを、餌場の近くでグズグズしているものだから、あっという間に捕獲され、再びホールド状態に。。。

無理に離しても無駄なので、もうしばらく様子を見ることにした。