オカヤドカリの宿替え

飼育の基本

Okayadokari227

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。

貝殻の参考アイテム
気に入った物件を見つけて 即座に引っ越しすることもあれば、引っ越した数日後に元の貝へ戻ったり、延々と物件を吟味するなど 引っ越しにも個性がでる 。

新しい宿の候補を見つけると 大きさを測っているのか、ハサミ や 脚を駆使して 貝をクルクルと回転させた後に 住心地を確認するのが1つのルーティンになっている。

引っ越しに慎重な個体は 住心地の確認を何度も行い、最終的に諦めるパターンが多い。

宿替えのタイミング

手頃な大きさの貝殻を用意しても見向きもせず、身体が貝の中に収まらなくなっても 頑なに宿替えしないのもいれば、新しい物件があると 常に興味を示して 短周期で 宿替えする個体もいる。

オカヤドカリ1号

オカヤドカリ1号は 沖縄からやってきた日に 宿替えをして以降、新しい貝に興味津々で 引っ越し回数が一番多い。

Okayadokari 003

1回目の引っ越し:2018/ 5/ 1 – パール
2回目の引っ越し:2019/ 5/ 16 – チョウセンサザエ
3回目の引っ越し:2019/ 5/ 16 – リュウテンサザエ
4回目の引っ越し:2019/ 5/ 18 – パール
5回目の引っ越し:2019/ 5/ 23 – パール
6回目の引っ越し:2019/ 9/ 22 – チョウセンサザエ
7回目の引っ越し:2020/ 2/ 14 – リュウテンサザエ
8回目の引っ越し:2021/ 10/ 27 – リュウテンサザエ

2回目と3回目は数時間の間に 5回ほど入れ替わっている。

オカヤドカリ3号

オカヤドカリ3号は 同じ 宿貝を愛用するタイプで、3年以上 引っ越しをしていない。

Okayadokari 486

1回目の引っ越し:2019/ 2/ 23 – チョウセンサザエ

オカヤドカリ5号

オカヤドカリ5号も 同じ 宿貝を愛用するタイプで、新しい貝にもさほど興味を示さないが、気に入った貝には 躊躇なく引っ越す 大胆な一面がある。

2022 0903

1回目の引っ越し:2018/ 8/ 11 – イトマキボラ
2回目の引っ越し:2019/ 2/ 23 – 3号が背負っていた イトマキボラ

オカヤドカリ6号

オカヤドカリ6号は「隣の芝生は青い」タイプで、他のオカヤドカリが背負っていた 宿貝 を好むが、空の貝への引っ越しには慎重。

Okayadokari 562

1回目の引っ越し:2018/ 8/ 15 – イボニシ
2回目の引っ越し:2018/ 10/ 11 – 4
号が背負っていた チョウセンサザエ
3回目の引っ越し:2019/ 12/ 1 – チョウセンサザエ
4回目の引っ越し:2020/ 6/ 14 – 2号が背負っていたチョウセンサザエ

オカヤドカリ2号

オカヤドカリ2号は 新しい貝に今日を示すものの 引っ越しには慎重で、何度も住心地を試しては 元の貝に戻ることが多かった。

Okayadokari 371 1

1回目の引っ越し:2019/ 9/ 1 – チョウセンサザエ

オカヤドカリ4号

オカヤドカリ4号も1号と同じく、沖縄からやってきて早々に 引っ越し。

okayadokari018

1回目の引っ越し:2018/ 5/ 1 – チョウセンサザエ

宿貝の好み

オカヤドカリは 成長に合わせて 大きな宿貝へ 引っ越すが、オカヤドカリ1号のように 順当に適度な大きさの貝を選ぶ個体もいれば、3号 や 5号のように 明らかにオーバーサイズの貝を引っ越す個体もいるので、なかなか思惑通りにはいかない。

オカヤドカリの成長速度 は 貝の大きさ によって変化するようで、オーバーサイズの貝を背負うと 脱皮回数が増えて 短期間で大きくなるが、見た目に小さな貝を背負っていると 脱皮回数も少なく 成長も遅い。

Okayadokari 472

オカヤドカリの眼鏡に適わなかった貝は 無駄になるが、タイミングによっては 以前 ダメだった物件が 採用されることもある。

宿貝を巡る争い

気になる貝がバッティングしたり、他のオカヤドカリの宿貝が欲しい時などは、宿貝 を巡って争いが起こり、場合によっては 命を落とす原因になる。

オカヤドカリ2号が興味を示していた貝を 3号が横取り。

物件をゆっくりみたい1号にちょっかいを出す6号。

宿貝を奪うためにオカヤドカリ3号が4号を攻撃して貝から追い出したところで、宿から追い出された オカヤドカリ4号は、見事な陽動で3号を貝から引き離して 無事に 我が家の奪還に成功。

5号は1回目に引っ越した貝は 初めに6号が興味を示していたもので、6号がわずかに貝から離れた隙きを突いて5号が横取りし、怒った6号は ハサミ と 脚を使って5号の貝を揺さぶって大クレームをつけるが、5号は 宿貝にすっぽりと身を隠して 鉄壁の防御態勢に入り、結局6号が 根負けする感じで 諦めてしまった。

Okayadokari118

4号の宿貝を背負っている6号

オカヤドカリ6号は 1回目の引っ越しで オーバーサイズの 貝を背負い、半年ほどで 急成長した後、1週間ほど床砂に潜り 脱皮中だった4号の宿貝を背負って戻ってきた。

Okayadokari1

2号の宿貝を背負っている6号

その後も 6号は 脱皮中だった2号の宿貝に 宿替えしている。

気に入った貝があれば 争いを避けることができるかもしれないという 一縷の望みにかけ、宿貝は定期的に買い増ししている。

関連記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への植物設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見も多いが、オカヤドカリにとって決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や ガジュマル […]

Okayadokari 413

オカヤドカリの飼育アイテム

飼育アイテムは オカヤドカリに極力 ストレスを与えない環境を作るためのもので、重金属 や 薬品類 の使用は厳禁。 飼育アイテム オカヤドカリの飼育に不可欠なアイテムから 揃えていると便利なアイテム。 水槽 3cm前後の個 […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

タイトルとURLをコピーしました