気温と湿度の調整

飼育の基本

Okayadokari110

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。

Okayadokari002

気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 や 日当たりの良いところに移動する。

気温と湿度

オカヤドカリは高温多湿の 熱帯 ~ 亜熱帯 に生息する生き物で 寒さ と 乾燥 に耐性がないため、飼育する地域によってヒーターなどで 保温 と 保湿が必要になる。

nahasshi

osaka

沖縄は真冬でも平均気温が 15℃、湿度は 65%を下回ることがなく、気温は年間平気 23℃、湿度の年間平均は 74% で、年間降水量は 2000mmを超えており、降水量が少ない冬場でも月間 100mm程度の雨が降るため、大阪の 11月 ~ 5月までは オカヤドカリにとって悪環境。

オカヤドカリが活発になる温度

オカヤドカリにとって 低気温 と 低湿度 は生命の危機状態だが、熱帯の生き物とは言え 暑すぎても活動が鈍るため、活動するのは気温は 20℃以上 30℃未満 / 湿度 60% 以上で、活発になるのは 気温 25℃前後。

Okayadokari221

水槽内の 気温が 20℃ を下回るか 30℃ を超えると オカヤドカリたちは 一様に 動きが鈍くなり、 気温 20℃ 未満 32℃ 以上になると 床砂の中に退避 するものも出始める。

温度/ 湿度 の調整

温度 / 湿度 は 地域によって異なるため、水槽内が 気温 20℃以上 30℃未満 / 湿度 60% 以上 になるよう 調整する。

温度・湿度計の参考アイテム

Okayadokari180

湿度 は 水槽の蓋 で調整でき、メッシュタイプの蓋は 乾燥しやすいため、ガラス や 塩ビ製 のプレートなどで 湿気が逃げないような対策が必要。

水槽のある部屋に エアコンがあれば、夏場などは 室温を調整するだけで オカヤドカリたちの動きが目に見えて良くなる。 
水槽内の温度が20℃以上で、湿らせた床砂を15cmほど敷いた状態であれば、水槽の風通しを注意するだけで、水槽内の湿度は60%以上を維持できる。

冬場の対策

最低気温が 10℃を下回り、最高気温が 20℃に 届かいない日が続くようになると、断熱シート や シートタイプのヒーター を使用して 水槽内を保温する。

保温の参考アイテム

Okayadokari1

水槽の背面に遠赤外線で温度調整が自動で行われる ピタリ適温を両面テープを使用して貼り、その上から断熱シートで水槽3辺の全面を囲み、正面のみ床砂が隠れるようにシートを貼る。

背面のヒーター と 断熱シート で 水槽内 の温度は 2 ~ 3℃ 上昇する。
断熱シートはスポンジ部分を 水槽側にしないと保温効果がない。

Okayadokari076

最高気温が 10℃を下回ると底面ヒーターを使用することで、室内の気温が 20 ℃くらいなら水槽内は 26℃、湿度 85%を維持できる。

オカヤドカリたちは脱皮時に最深部まで潜るが ピタリ適温は接地面が熱いと感じるくらい温度が上がるので、砂が高温になることを防ぐため 水槽の下に断熱シートを敷き、水槽は厚さ1cmのゴム板で浮かせて 水槽と断熱シートの間にヒーターを設置している。
水槽の底部にヒーターを置くと 床砂が暖められ、水分が蒸発して水槽内の 湿度が80%前後に保たれるのでオススメ。

Okayadokari111

室温が 15℃くらいだと結露が発生して 水槽はモザイク状態になるが、水槽内はヒーターを入れた状態で 23℃前後を維持できる。

湿度が下がり気味になる場合は 霧吹きが必要。

Okayadokari093

深夜から早朝の気温が低くなってくると、夜間はサバイバルシートなどで水槽全体を覆うと、室温が15℃を下回っても 水槽内を保温できる。

Okayadokari 540

春先になると 断熱シート を取り、気温に応じて ヒーターを稼働させながら 4月中旬くらいに 春夏仕様に移行する。

関連記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への植物設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見も多いが、オカヤドカリにとって決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や ガジュマル […]

Okayadokari 413

オカヤドカリの飼育アイテム

飼育アイテムは オカヤドカリに極力 ストレスを与えない環境を作るためのもので、重金属 や 薬品類 の使用は厳禁。 飼育アイテム オカヤドカリの飼育に不可欠なアイテムから 揃えていると便利なアイテム。 水槽 3cm前後の個 […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

タイトルとURLをコピーしました