続・学術秘書という人からのメール

雑記

昨年の12月にアップした 学術秘書 の池田 と名乗る人物からの メールについての記事は、オカヤドカリにまったく無関係な内容ながら アクセスが多い人気記事で、ムチン を取り扱ったサイトへの 凸 が続いているのだと思っていたら、再び 池田氏から「ムチン(mucin)」についてというメールが届いた。

Okayadokari 421

相変わらず では。で終わっているが、今回のメールは主旨が明確で、日本食品科学工学会が発行している 食品工業辞典ムチンの説明が、動植物より分泌される粘質物一般をいうから 動物より分泌される粘質物一般をいう に変更されたという 経過報告らしい。

池田氏 の凸が奏功したのか 別の要因があるのか分からないが、手段はともかく結果を出していることに対しては脱帽する。

前回のメールはカーボンコピーで 農林水産省大臣官房広報評価課広報室 をはじめ 30件 のアドレス宛に同時送信されていたが、 今回 CC はなく 株式会社はなもみの代取という池田氏の肩書も記載されていた。

株式会社はなもみは 2015年10月に茨城県水戸市で法人登録されており、業務内容は 学術コンサルティング事業になっている。

前回のメールに記載されていた みと・あかつか タウンミーティング のサイトは 閉鎖されているので、アラビノガラクタン や ムチン など ネバネバ関係の 陰謀論を見ることはできないが、株式会社はなもみ のサイトにあるリンクから 片鱗を見ることができる。

snail500

学術秘書という人からのメール

カタツムリの粘液が ムコ多糖の一種 ムチン だという記事をアップしたら、学術秘書 の 池田 様から通達(みと・あかつかカンファレンス)*『ムチン騒乱;令和の改新』;安倍晋三内閣総理大臣指示【令和の改新】#令和の大号令 と […]

2週間後には 同じ 「ムチン(mucin)」についてというタイトルで、ネバネバ成分を 糖タンパク質 と事実誤認していたことに関する メールが届き、更に ムチンの誤用に対しての広報への勧誘メールが届いたため、現在 株式会社はなもみ からのメールはブロックしている。

オカヤドカリの記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への植物設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見も多いが、オカヤドカリにとって決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や ガジュマル […]

Okayadokari 413

オカヤドカリの飼育アイテム

飼育アイテムは オカヤドカリに極力 ストレスを与えない環境を作るためのもので、重金属 や 薬品類 の使用は厳禁。 飼育アイテム オカヤドカリの飼育に不可欠なアイテムから 揃えていると便利なアイテム。 水槽 3cm前後の個 […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

タイトルとURLをコピーしました