オカヤドカリの飼育

飼育の基本

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り環境の維持で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。

Index

水槽

オカヤドカリを飼育する際は 10 ~ 15cm の床砂を敷いて 流木などを設置するので、高さのある水槽を推奨。

水槽の参考アイテム
水槽のサイズ と 飼育可能な個体数の目安

3cm前後の個体であれば 45cm 水槽で3 ~ 4匹、60cm 水槽で 5 ~ 6匹が目安だが、小さな個体は2~3年で2倍以上に成長するため ケースには余裕が必要で、多数飼育すると 糞尿で床砂が汚染される割合が増え、有害な雑菌が繁殖する原因になるだけでなく 貝殻の奪い合いなどのリスクも高くなる。

60cmのガラス水槽は 空の状態でも 15kg ほどの重量があり、床砂を 15cm 敷くと 30kgを超えるため、メンテナンス や 設置場所にも注意が必要。

水槽のフタ

オカヤドカリはアクロバティックで力もあり、フリークライミングも得意なので、水槽にフタがないと脱走を図る。

Okayadokari 527

水槽にはガラスのフタが付属しているが、ガラスのフタでは完全に塞ぐことができないため、ナイロンメッシュなどを被せた上に 重りとしてガラスフタを置き、天井へアクセスできるアイテムを配置すると、水槽内の温度・湿度の調整もしやすく、オカヤドカリの活動範囲も広がる。

現在 60cm 水槽用の ナイロンメッシュのフタは販売されていないため 自作が必要。

床砂

床砂 は 水槽内の 湿度調整 や オカヤドカリの脱皮する場所としても必要で、オカヤドカリの大きさにもよるが 10~ 20cm ほどの厚みを持たせる。

床砂の参考アイテム

床砂に使用する サンゴ砂には大きさがあり、 Sサイズ(2cm)程度の個体であれば パウダーと表記されている 1mm 程度の細粒を多めにする。

床砂が乾燥しているとオカヤドカリが上手く潜れないだけでなく、潜った後で身体の水分が砂に奪われ、水に浸かっているような状態では 呼吸ができなくなるため、びちゃびちゃでもなく 半乾きでもない感じに 砂を湿らせる。

60cmの水槽で 床砂を 15 cmの厚みにするために 使用する サンゴ砂は 約17kg で、3~4kg の砂に対して 500ml 程度の水を入れ、全体に馴染ませてから 次の砂を入れて 湿らせるという作業を繰り返す。

交換 / 洗浄

床砂 は 2週間に1度の頻度で 交換するよう記載されている記事が多いが、複数のオカヤドカリを飼育している環境では 脱皮などの兼ね合いで 床砂 を全替えするタイミングは 意外と少なく、脱皮中の個体がいる場合は 部分的に交換することになる。

現在は1ヶ月に1度を目安に床砂を交換しており、脱皮している個体がいる場合は  汚染がひどい表面から5cm 程度の 砂のみ交換し、脱皮していない時は 全替えするようにしている。
床砂の洗浄方法
掃除の参考アイテム
  1. 汚れた床砂を 土入れスコップなどで すくい上げ、バケツの3分の1程度を 目安に 砂を入れる。
  2. バケツに 水を足してかき混ぜ、汚れを浮かしてから水を捨てる作業を繰り返し、茶褐色の水が淡い白濁になったら完了。
  3. 洗った砂は 天日干しするため 大判の洗濯ネットなどに入れる。
1 ~ 3の作業を繰り返し、洗濯ネットに入れた 砂は 屋外 で 乾燥させる。
洗った砂 は 紫外線による殺菌を行うため、できれば日差しの当たる場所で乾燥させる。
※ 屋外であれば日影でも紫外線は届くが、直射日光に比べて紫外線量は半分程度に落ちる
室内は 窓ガラスで紫外線が遮断されて 殺菌効果は期待できない。

水分の補給

湿らせた床砂の厚みが 15cmほどあれば、地域差もあるが 5月 ~10月くらいまでは 水槽内の湿度を 60% ~ 90% に維持できるので、霧吹きなどによる水分補給を頻繁に行う必要はないが、冬場にヒーターで水槽内を温め始めると 床砂の表面が乾燥するようになるので、床砂の状況を見ながら 霧吹きなどでの水分を補給する

初夏から秋口までは 月に1度程度の頻度で 床砂を交換していれば、ほぼ乾燥することはない。

水分が多すぎると 藻 が発生しやすくなる。

オカヤドカリは少食なので 与えた餌の大半は 食べ残すが、水槽内の環境悪化を避けるため 腐りにくいエサ でも 2 ~ 3日に1回は交換し、生の海老 や 魚 は 腐る前に処分する。

オカヤドカリは気に入ったエサを独り占めするため 餌入れから持ち出すことがあるので、食べ残しの処理には注意が必要。
野生のオカヤドカリは 魚の死骸などを食べているが、室内飼育で 餌を腐らせると ダニなどが発生する原因になる。
餌の参考アイテム
Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

貝殻

オカヤドカリは 成長に合わせて 引っ越しを行うが、物件選びは 慎重で 何でも良いわけではなく、場合によっては 宿貝を巡って争いも発生するため、水槽内には 常に 手頃な貝殻を入れておく。

貝殻の参考アイテム
Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

隠れ場所

オカヤドカリは臆病な生き物で、身を隠す場所が必要なため シェルター や 流木 などを設置する。

シェルター・流木の参考アイテム

Okayadokari 441

一般的な半円のドームタイプのものでなくても、流木と流木の隙間 や 珊瑚石の陰など 潜める場所 を作ると 好きな場所に身を隠す。

Okayadokari 562

2022/ 2/ 22

オカヤドカリは 木登りが得意なので、流木など 登れるアイテムを設置すると いろいろと利用してくれる

天然の流木は 食べることもある。

気温と湿度

オカヤドカリは 熱帯 ~ 亜熱帯 に生息するので 寒さ と 乾燥 に耐性がなく、温度 と 湿度 の管理が重要で、水槽内は 気温 20 ℃ 、湿度 60 % 以上を保つようにし、水槽内に 温湿度計 を設置して 常にチェックする。

温度・湿度計の参考アイテム
保温の参考アイテム
Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

観葉植物の設置

観葉植物の設置には 注意すべき点があるものの、アダン や ガジュマル を入れると オカヤドカリが好んで食べ、水槽内に 緑 があると見た目も良くなる。

アダンとガジュマルの参考アイテム
Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への植物設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見も多いが、オカヤドカリにとって決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や ガジュマル […]

関連記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への植物設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見も多いが、オカヤドカリにとって決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や ガジュマル […]

Okayadokari 413

オカヤドカリの飼育アイテム

飼育アイテムは オカヤドカリに極力 ストレスを与えない環境を作るためのもので、重金属 や 薬品類 の使用は厳禁。 飼育アイテム オカヤドカリの飼育に不可欠なアイテムから 揃えていると便利なアイテム。 水槽 3cm前後の個 […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

タイトルとURLをコピーしました