オカヤドカリ用の水入れを自作

雑記

Okayadokari 542

真水 と 海水 を与えるには 容器が2つ必要で、水槽が狭くなるので 仕切りのある食器を探してみたが、市販されているのは 小皿ばかりのため 自作することにした。

海水に比べると真水はほとんど減らないので、水槽内のスペースを考えると 従来の大きさで半分に仕切るのが理想的。

たたら作りで制作

使用するのは オーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土。

詳細な制作手順は下記参照
ヤコ オーブン陶土で オリジナルの陶器を制作
ヤコ オーブン陶土で おるジナルの陶器を制作 - ヤコ オーブン陶土 は 家庭用オーブンで 焼成でき、オーブン陶土セット に付属の 手引書 を参考にすれば、陶芸 や 粘土細工などの 造形未経験でも 簡単にオリジナルの陶器を制作できる。

陶芸 や 粘土細工などの造形未経験でも オーブンさえあれば 不細工ながら それなりの土器が作れてしまう。

2作目は上出来だったが、使用していると 器の高さが低い軽い洗いにくい という欠点が露呈。

3作目の使用感は抜群。

3作目が良かったので 餌入れも作ってみたが、使い勝手が微妙な上に 半年ほどで 底にあったヒビ割れが進行したため 廃棄。

コート剤は何度か塗り直して焼いているが、1年半ほど使用するとコート剤が剥げ落ちて カビが発生したため、水入れの部分を取り外しできる 容器を制作することにした。

20220524 003

オカヤドカリが成長して タッパの中で溺れることはないが、若干 飲みにくそうなので タッパの中に枝サンゴ を入れて 足場を作っている。

関連記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への観葉植物 設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見が多いが、水槽内の環境に植物があるのは決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

タイトルとURLをコピーしました