ガジュマルの葉が黄色に変色

飼育レポート

Okayadokari282 1

ガジュマルは 亜熱帯 ~ 熱帯に分布するクワ科イチジク属の植物で 寒さ と 乾燥に弱く、環境が悪いと葉が黄色に変色してくる。

変色の原因と対策

変色の主な原因は 乾燥・気温・日照不足 で、気温が 5℃ 以下の環境では 葉が落ちてしまうため、室内の気温 と ガジュマルの設置場所の見直しをする。

Okayadokari003

植物は根だけでなく葉からも吸水するため、乾燥する季節 や 室内でエアコンを入れている時は 霧吹きで 葉に水分を与え、エアコンの風が直接 あたらないようにする。

冬場の水やりは 土が乾燥したら 与える程度で良いが、葉水は冬場でも 毎日 行う。
植物の葉の表面には ワックス層があり、ワックス層の下は 油脂を成分とする透明の膜で覆われているクチクラ層があり、クチクラ層はクタンとクチンという2種類のポリマーで構成されている。
ワックス層とクチクラ層は 葉を完全に覆っているわけではなく、切れ目や溝のようなものがあり、そこから水が染み込んで細胞壁から細胞まで浸透する。
クチクラ(Cuticula)はラテン語で、 英語では キューティクル。

冬場のエアコンで乾燥が気になったため、簡易のビニールハウスっぽいものを作成し、植物育成用のLEDライトを追加したところ 葉が黄色に変色することも落葉することもなくなった。

タイトルとURLをコピーしました