リカバリールームの制作

雑記

Okayadokari 338

オカヤドカリから受けたダメージを回復させつつ、ガジュマルの葉が黄色に変色するのを防ぐため、ガジュマル用のリカバリールーム を制作してみることにした。

Okayadokari282 1

ガジュマルの葉が黄色に変色

ガジュマルは 亜熱帯 ~ 熱帯に分布するクワ科イチジク属の植物で 寒さ と 乾燥に弱く、環境が悪いと葉が黄色に変色してくる。 変色の原因と対策 変色の主な原因は 乾燥・気温・日照不足 で、気温が 5℃ 以下の環境では 葉 […]

現在は 葉の変色を避けるため ビニールを被せているが、乾燥を防ぐことは出来ても 毎回 ビニールを取る手間がかかるため、リカバリールームは 水やりなども考慮して設計。

リカバリールームの制作 その1

エクセルで軽く設計図的なものを作成してから材料を調達。

滅気ずに 作業を進めていけば 多少のミスは 何とかなったりする。

Okayadokari304

いい感じにリカバリールームが完成。

LEDライトやらサイズの合うシートヒーターやらを購入したので、2個1500円のガジュマルが5セットくらい買えるくらいのコストがかかってしまったが、自己満足を得るには十二分の出来だったりする。

Okayadokari 332

しかし、水性ニスでは 結露で常に湿っているような状態はカバーできないらしく、制作からわずか一ヶ月で 木材にカビが発生。

リカバリールームの制作 その2

前回の教訓を活かし、アクリル板 を使用して 耐水性 のある リカバリールーム を制作することにした。

アクリル板は注文時に サイズを指定できたのだが、前回の設計図を見て 頭の中でイメージしながら寸法を決めていったので、急遽 購入する羽目になったアクリルカッター と 糸ノコで 材料を黙々とカットして、注射針を使用するアクリルボンドに四苦八苦しながら作業を進行。

Okayadokari 336

植物用LED を取り付けて 完成。

Okayadokari 491

アクリル板のリカバリールームは 大きな不具合もなく 現役で活躍中。

関連記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への観葉植物 設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見が多いが、水槽内の環境に植物があるのは決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

タイトルとURLをコピーしました