学術秘書という人からのメール

雑記

カタツムリの粘液が ムコ多糖の一種 ムチンだという記事をアップしたら、学術秘書の 池田 様から通達(みと・あかつかカンファレンス)*『ムチン騒乱;令和の改新』;安倍晋三内閣総理大臣指示【令和の改新】#令和の大号令というタイトルのメールをいただいた。

このメールは Gmail が 迷惑メールに振り分けていたのを掘り起こしたのだが、カーボンコピーに連なっている同時送信先 をはじめ、メッセージの内容も要領を得ず謎が多い。

Cc に含まれている宛先
農林水産省大臣官房広報評価課広報室・日本学術振興会・理化学研究所・内閣府・日本学術会議・文部科学省・科学技術振興機構・農林水産省・農畜産業推進機構・日本栄養士会・日本医師会・日本薬剤師会・日本歯科医師会・日本看護協会・茨城県警察本部・クローズアップ現代 +のほか、個人名を合わせて30件。

mutin

メッセージにには上図の画像 と 婦人公論疲労回復には豚肉の「肉じゃが」を! 元気になる「食べ合わせ へのリンクがあり、本文には以下の記載のみ。

utin2

では。と言われても…
このほとんど本文がないメールが送信されるのだから スパム判定 されるのも納得がいく。

アラビノガラクタンの誤用

メールを送信している 池田 と名乗る人物は 池田 剛士という名で、あちらこちらのサイト や ブログの コメント欄に書込みを行い、ムチン という言葉を使用したブログ や サイトへも 今回のような メールを送信しているらしい。

ムチン は動物の粘液を意味し、植物のネバネバは ムチン ではないということを言いたいらしく、植物のネバネバをムチンと称していることが我慢できないようで、婦人公論の画像で ムチン の部分にマーカーが入っていたのは「植物のヌルヌルをムチンといっている!」とご立腹だったのだ。

メールに記載されている ムチン騒乱とは?の リンク ( http://kankan2025.jp/#statement ) は みと・あかつか タウンミーティングというサイトのトップページに飛ぶのだが、このサイトは 茨城県水戸市赤塚で看護師が立ち上げた 医療関係のコミュニティ的なもので、発足当時は 地域に根ざした医療と介護がメインテーマだったようだが、それが何故だか 里芋の販売 を行うようになり、里芋 に含まれる粘液成分 アラビノガラクタンが誤用されているとして、該当するサイト や 出版社に凸り始め、更にネバネバつながりで ムチンについて記載のある サイト などもターゲットになった模様。

すでにサイトは閉鎖されているが、掲載当時の内容は ドラマティックな陰謀論で彩られており、芸能人がドラッグで検挙されるのもムチンの誤用が原因だ と言わんばかりの勢いだった。

2019 12 18 13

ムチンの誤用については あながち荒唐無稽な話でもなく、カゴメなどでも植物のネバネバ成分を「ムチン」と記載していたのを修正していたりする。

snail500

続・学術秘書という人からのメール

昨年の12月にアップした 学術秘書 の池田 と名乗る人物からの メールについての記事は、オカヤドカリにまったく無関係な内容ながら アクセスが多い人気記事で、ムチン を取り扱ったサイトへの 凸 が続いているのだと思っていた […]

オカヤドカリの記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への植物設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見も多いが、オカヤドカリにとって決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や ガジュマル […]

Okayadokari 413

オカヤドカリの飼育アイテム

飼育アイテムは オカヤドカリに極力 ストレスを与えない環境を作るためのもので、重金属 や 薬品類 の使用は厳禁。 飼育アイテム オカヤドカリの飼育に不可欠なアイテムから 揃えていると便利なアイテム。 水槽 3cm前後の個 […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

タイトルとURLをコピーしました