普段の世話

生き物の世話は「餌を与えて環境を整える」という点で基本的に同じ。
餌は市販されているものもあるので、それほど難しくはないが、問題は環境作りと環境の維持。
いまはネットで多くの情報が集まるので、飼育道具に大差はないはずだが、似たような道具を使っていても、世話の仕方で雲泥の差が出てしまう。

飼育の達人は環境作りが上手く、しかもそれを維持している。
料理上手が目分量で味付けできるのと同じで、達人は多くの経験に基づく「いい塩梅」が身に付いているので、上辺だけ真似ても上手くいかないことが多かったりする。

飼育している環境そのものが異なり、しかも「生き物」が相手なので、様々な情報を参考にしつつ、結局は眼前のオカヤドカリの様子を観察しながら、ベストな環境の模索が必要。

オカヤドカリなどの甲殻類は薬品に弱いので、必ずカルキ抜きをした真水を与える。

カルキ抜き

水道水には消毒のため微量の次亜塩素酸カルシウム(カルキ)が含まれており、カルキによって水道水は雑菌が繁殖しないようになっている。
冷蔵庫の自動製氷機に水道水を使用するよう注意書きがあるのも同じ理由。

水道水に含まれる次亜塩素酸カルシウムは人体への影響がないものの、細菌を抹殺する程度の殺傷力はあり、小さなオカヤドカリにとっても非常に危険な物質になるので、カルキ抜きは必須。

カルキ抜きにはハイポなどの中和剤、煮沸、汲み置き、光分解など様々な方法がある。

浄水器や中和剤などが確実なようだが、紫外線による光分解に興味が湧いたので、水道水を入れてフタをしたペットボトルを3日ほど太陽光に晒してみた。

実験の結果、水道水を入れたペットボトルにフタをして太陽光に晒すのは有効。

試験紙の右が普通の水道水で、分かりにくいが遊離残留塩素は0.4mg/L~0.7mg/L程度になっている。
その左が光分解されたペットボトルの水で、右から2番目は浄水器から出てきた胡散臭い水素水で、一番右が水素水ではない浄水器の水。

個人的に浄水器は「騙されている感」があって微妙だったのだが、実験結果をみたところ浄水器の水と、光分解したペットボトルの水は残留塩素もPH、Mアルカリ度もほぼ同じだと判明してしまった。

海水

海水を用意するのは面倒なのだが、真水と比べるとオカヤドカリは明らかに海水を好んで摂取しているので、海辺に生息しているオカヤドカリの生態も踏まえ、海水はあったほうが好ましい。

人工海水は水道水に適量を混ぜるだけでカルキ抜きと同時に海水が作れるというものだが、1Lあたり36gと記載の分量通りに作ってみたら塩分が濃すぎたので、塩分濃度と比重を測定できるハイドロメーターは必須。

オカヤドカリは器用にハサミを使って餌を食べるので、餌の大きさなどは気にせずとも、気に入ったものであれば普通に食べる。
植物メインとはいえ、野菜であれば何でも食べると言うわけでもないので、好物のアダンなどを無農薬栽培しておくと良いかも。

市販されているオカヤドカリ用のポップコーンやゼリーなどの餌は、商品に記載がある通り「おやつ」や「栄養補助」なので、主食として与え続けるのは微妙。
また、脱皮のために動物性の餌も必要で、小粒クリル(乾燥したオキアミ)や煮干しなどを用意しておくと便利。

詳細はオカヤドカリの餌を参照。

小粒クリルなどは1cm程度のものを1つ与えても、食べるのはごく一部分で大半は食べ残すため、餌の量は注意しないと無駄に捨てることになる。

野生のオカヤドカリであれば、魚の死骸などを食べているので、腐肉でも特に問題はないと思われるが、飼育下では雑菌が発生して水槽内の環境が悪化するため、食べ残しの処理は毎日行う。

床砂の洗浄

最も厄介なのが床砂の洗浄。
オカヤドカリはよく糞をするので、1週間も放置しておくと、床砂や流木などの上は5mmほどの黒い糞が目立つようになる。
少食の割には立派な糞を出すので、活発なバクテリアがいたとしても分解できる量ではなく、定期的な入れ替えが必要。
2週間に1度の頻度で砂を洗うよう記載されている記事が多いものの、1度に全量を交換するのは大変なので、現在は3分の1から半分程度を目安に3週間~1ヶ月くらいの頻度で交換をしており、1匹でも脱皮中のオカヤドカリがいる場合は、汚染がひどい表面から3~5cm程度の砂のみ交換している。

汚れた床砂は土入れスコップなどですくい上げ、バケツに入れて水洗いする。
バケツの半分以下くらいを目安に砂を入れ、水を足してかき混ぜて汚れを浮かし、汚れた水を捨てる。
この作業を繰り返し、汚れが目立たなくなれば終了。
かき混ぜた際の濁りは、サンゴ砂の粒子なので、透明にならなくても問題ない。

洗ったサンゴ砂は洗濯ネットなどに入れて天日干し。
洗ったものをそのまま水槽に戻すのではなく、紫外線による殺菌を行うため、できれば日差しの当たる場所で乾燥させる。
ちなみに室内の場合、窓ガラスで紫外線が遮断されており、殺菌効果は期待できないので、天日干しは屋外で行う。
また、屋外であれば日影でも紫外線は届くが、直射日光に比べて紫外線量は半分程度に落ちるので、乾燥後もしばらく干すなどして調整すると良いかも。

乾燥したサンゴ砂は次回の床砂交換時に使用するので、ジップロックなどに入れて保管。

サンゴ砂を水槽に入れる際は、びちゃびちゃでもなく、半乾きでもない感じに砂を湿らせる。

砂〇〇kgに対して水◯Lといった配合が分からないので、当初は鍋やバケツなどの中に最大サイズの洗濯ネットを広げ、サンゴ砂を2~3kg入れ、そこへカルキ抜きをした水を注ぎ入れ、水切りをして水槽に移していたが、どうしても水気が多くなるため、最近は霧吹きで湿らせ、古い床砂を上に持ってくるような感じでかき混ぜながら、湿り具合の調整をしている。

60cmの水槽で床砂を15cmの厚みにするために使用したサンゴ砂は17kg、使用した水の量は約6L。

水分の補給

湿らせた床砂の厚みが15cmほどあれば、地域差もあると思うが5月~10月くらいまでなら、水槽内の湿度は一時的に下がることはあっても、平均して60%~70%程度に維持できるので、霧吹きなどによる水分補給を頻繁に行う必要はない。

ただし気温が下がり、ヒーターで水槽内を温め始めると、床砂の表面が乾燥するようになるので、定期的に霧吹きなどでの水分補給が必要。
また、水槽の底部にヒーターを置くと、床砂の温度が暖められ、水分が蒸発して水槽なの湿度が80%前後に保たれるのでオススメ。

詳細はそろそろ冬支度 を参照。

夏場は頻繁に霧吹きを行うと、床砂の底部に水が溜まってしまうだけでなく、コケもしくはカビが発生する可能性もあるので、水槽内の湿度を見ながらの調整になる。

初夏から秋口までは2週間に一度くらいの頻度で、床砂を3分の1から半分ほど交換していれば、床砂が乾燥することはほぼない。