引っ越したのは5号と3号だった

サトウキビと一緒に購入した引っ越し用の貝に、5号が引っ越ししたと思っていたのだが、よく見ると1号の宿貝と同じくらいの大きさがあり、その貝に違和感なく5号が収まっていることに違和感がある。

いくらなんでも5号の成長が早すぎるというか、5号が大きすぎる。。。

オカヤドカリ

よく見ると大きさだけでなく、体色もまるで3号のような色に。。。!?

オカヤドカリ

そう思って3号を見てみると、3号が小さくなっている!
というか、3号の宿貝に入っているのは他ならぬ5号。

現3号を見つけた際、5号の宿貝が放置されていたので、てっきり5号が引っ越したものだと思っていたら、3号が引っ越した空き家に5号が入ったらしい。

それにしても3号は随分と毛深くなってきた。



サトウキビと5号の引っ越し

先日の掃除で替えの床砂が少なくなったので、追加するついでにオカヤドカリが好物だというサトウキビと、引っ越し用の貝を購入してみた。

早速サトウキビをあげてみたら、翌日には齧ったあとがあった。
確かにサトウキビはよく食べる部類だが、期待し過ぎたのかこの前のカブの葉と比べたら衝撃度は低め。

サトウキビよりも衝撃的だったのが、今回の引っ越し用の貝で5号の御眼鏡に適った事。

これまで15個以上の物件(貝)を紹介してきたが、すべて気に入ってもらえず、貝殻だけがいたずらに増えていたのだが、ようやく気に入った物件があったらしい。

しかも5号が選んだのは6号よりも大きな貝。
大きすぎかと思ったら、いつの間にか違和感がないくらい5号は成長していた。



水槽の大掃除

全員揃った翌日は雪が降り、その翌日は雨のために延期していた水槽の掃除。
前回の掃除から1ヶ月半ほど経っているので、今回は床砂を全替えすることにした。

掃除の間は少々狭いところで辛抱してもらう。

 

療養中だったアダンは低温のためか一部が枯れているので、この機に水槽内へ戻すことにした。

砂をすくって洗ってすくって洗ってすくって洗って。。。
思った以上に深いところまで汚れていることに驚いた。

相次ぐ脱皮で宿貝がずいぶんと手狭になっているようなので、引っ越し用の貝を多めに入れてみたものの、お気に召す物件はなかったらしく、貝がオブジェ化してしまった。

掃除の前はやたらと穴掘りをしていたオカヤドカリが、床砂交換後は地表での活動が増えたので、もしかしたら表面の汚染度合いが酷かったのかも。

やはり環境衛生の面を考慮すると、最低でも3週間に1度は、表面部分だけでも床砂の交換が必要な気がする。



1号と6号が戻ってきた。

2月5日を過ぎたあたりから、そろそろ1号が戻ってくる頃だと思っていたら、2月7日の朝に元気な姿を見せてくれた。

戻ってきたばかりで、しばらくは動かずに流木の影に身を潜めていたものの、その日の夜には以前にも増して活発に動き始め、久しぶりに水槽の中が賑やかしい。

前回と同様で1号の脱皮期間は40日ほど。

脱皮期間は個体の大きさに比例しているようなので、1月中旬から姿を消した6号も戻ってきてもおかしくない。
と思っていたら、1号が戻ってきた2日後に6号も戻ってきた。

これで2ヶ月ぶりに皆が揃ったので、明日は久しぶりに床砂を交換する予定。



2号が無事に帰還

昨年末から脱皮に突入していた2号がようやく戻ってきた。
今回の脱皮期間も前回と同じく、ほぼ30日。

いつの間にか背負っている宿貝が小さく見えるほど、2号の身体は大きくなっている。

さっそく生還を祝って2号の大好物クルミのほか、カブの葉、鮭のアラなどをあげたら、翌日にはカブの葉が3分の1ほどとクルミの一部が減っており、いま現在も2号は餌入れの上にいる。

あとは2号と同時期に脱皮をはじめた1号と、1月15日くらいから潜ったままの6号。
室内で療養中のアダンが寒さのためか弱ってきている反面、水槽内のアダンは真緑で活き活きとしているので、1号と6号が戻ってきたら全てのアダンを水槽内に戻す予定。

5号と6号が帰還

年末あたりから床砂に潜ったままの5号がひょっこりと戻っていた。
潜っていた期間は2週間ほど。

おそらく脱皮していたと思われるが、予想以上に早いご帰還。
で、5号が帰還したと思ったら、6号も砂の中から戻ってきた。

6号は潜って1週間ほどなので脱皮ではなく、単に砂の中にいただけだと思われる。

後は1号と2号だが、2匹とも前回の脱皮期間が3週~4週間なので、戻ってくるのは今月の終わりくらいの予定。



床砂を穴だらけにしたと思ったら。。

昨年の12月10日に床砂を交換してから、久しぶりに5匹揃って地表に居たのも束の間。
1週間くらいしたら毎晩のように、ジョリ、、ジョリ、、、と床砂の中を進む音がし始め、数日おきに1号・2号・5号が砂まみれで地表に出てきては、再び姿を消すという行動を繰り返すようになった。

おかげで水槽内は穴だらけで、近くには小山ができている。
この半年で皆、大きくなったとは言え、その運動量には感心してしまう。

結局、夜間に床砂の中を進む音は年末近くまで続き、年が明ける頃には音がしなくなったが、地表には3号と6号がいるのみで、1号、2号、5号は砂の中から出てこなくなった。
更に6号も正月が終わる頃には砂の中に潜る事が増え、いま確認できるのは3号のみ。

オカヤドカリには年越しも年明けも関係ないが、我が家に来て最初の正月は5匹中、3匹が砂の中で迎えることになった。



寒さが本格的になってきたので防寒対策

断熱シートで水槽を囲っているため水槽内の温度は26℃前後で維持できているが、それは当然ながら部屋を閉め切った状態での話。
窓を開けると水槽内の温度が見る間に下がっていくので、ここ2~3週間ほとんど窓を開けなかったら、北向きで寝室ということもあり壁の角に黒カビが。。。

状況を文字にするだけでも何やら臭ってきそうだが、オカヤドカリのためとは言え、このままでは人間様の住環境が悪化してしまう。

そこで換気のために窓を開ける際、水槽に古いTシャツを被せたところ、温度の低下が随分と緩和されたため、それなら断熱シートと同じアルミを使用しているサバイバルシートなら保温効果も高いはずだと思い、早速用意してみた。

1枚数百円で水槽の上部は完全に覆うことが出来る。
が、もはや何がいるのか、水槽内がどんな状況なのか全くわからない。

これで飼っている意味があるのかすら疑問だが、なんとサバイバルシートを被せたことで、水槽内の温度は28℃まで上昇。
しかも部屋の窓を全開にして室温が15℃を下回っても、水槽内の気温には変化なし。

これならヒーターを追加しなくても真冬も乗り切れそう。

ちなみに部屋に発生した黒カビは、市販のカビ取り剤ではなく、少し硬めのブラシに「キッチンハイター」を数倍に希釈したものを付けて軽く擦ると除去できるので、黒カビが部屋に発生した時はお試しあれ。
ただし、壁紙が白以外だと色落ちするため要注意。



カブの葉が大好物だと判明

最近めっきり新しい餌の開拓をしなくなっていたので、たまたま冷蔵庫の中で萎れかかったカブを発見したので、その中でもシャキッとしている葉を切り取って、グルメなオカヤドカリたちにあげてみた。

夜8時くらいに餌を交換して、翌朝にはなんとカブの葉が半分になっている!
アダンやガジュマル以外で、これほど食べた野菜というか草は今までない。

レタスやキャベツなど人間が普通に食べている野菜は、何故かほとんど手を付けず、辛うじて人参やきゅうりを食べる程度で、水槽内に入れているアダンやガジュマルが生存の危機に瀕するほど食べられている。

この食べっぷりにはテンションが上った。

で、早速、萎びかけていたカブの葉を全て切り取り、水につけて再生。

翌日には見事にシャキッと再生したのだが、グルメな我が家のオカヤドカリたちは2日続けて同じものを与えても食べてくれないので、しばらくはカブの葉も育てることになった。



冬の床砂交換

やはり「お湯」を使用するのが手っ取り早いので、今回の床砂交換は砂の温度調整に「お湯」を使うことにした。

いまは脱皮している個体がいないので、すべて小さな水槽に移す。
部屋の温度は23度。
後はいつもどおりに、砂をすくっては洗う作業を繰り返し、流木なども洗って天日干し。

「お湯」は沸騰直後にトリハロメタンが増加するらしいので、浄水を使用して沸騰した状態で約20分。
なんとなくトリハロメタンが減少した感じのお湯と浄水を混ぜて温度調整を行いながら、3週間ほど天日干しをしたサンゴ砂を湿らせていく。

温度計を使用しながら、床砂全体の温度が25度くらいで均等になるよう調整。
室温が23度ほどあるので、ヒーターを入れた水槽内の気温も26度ほどある。

水槽内が整ったら、今度は唯一残っていた正面にも断熱シートを使用。
この効果で室内が15度を下回っても、底と壁面にある2枚のヒーターで水槽内は気温23度、湿度90%を維持している。

これで全く観察できなくなってしまったが、夜中にコツン、コツンとガラス面に貝をぶつける音や、ジャリ、ジャリと砂の中を進んでいる音はするので、どうやらオカヤドカリたちはご機嫌らしい。