オカヤドカリの脱皮

飼育の基本

Okayadokari 453

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。

床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱皮期間は 襲撃されるリスクが高く、複数のオカヤドカリを飼育している環境下では、他のオカヤドカリを別の水槽に隔離するなどの対応が必要。

脱皮の前後

脱皮が近いオカヤドカリは 海水の摂取量が増え床砂に潜って出てきてを繰り返す 傾向があり、脱皮から戻ってきた後 半日 ~ 1日程度は 物陰に隠れて 大人しくいることが多く、個体によっては 動物性 の餌を好んで食べる

延々と 海水 を飲んでいる姿をよく見かけた後は 高確率で 脱皮する。

Okayadokari sake

脱皮前よりも 脱皮後 に 動物性の餌を好む傾向があるので、脱皮から戻ってきたオカヤドカリがいる時は 魚 や 肉 などを 通常の餌 に追加して 与えている。

脱皮明けは 身体が動かしづらいのか しばらく物陰に隠れていることが多く、オカヤドカリ1号 や 3号は 通常にも増して 警戒心が強くなる。

Okayadokari 572

脱皮期間中は 脱皮した殻を食べるので 抜け殻 を目にすることは稀だが、食べ残しが 床砂の中から出てくる時もある。

脱皮後の変色

オカヤドカリの 体色 は 脱皮で変化するが、脱皮後は 時間の経過によっても変化が見られる。

オカヤドカリ5号 や6号は 当初 薄茶色だったが、脱皮するたびに 体色が濃くなった。

1号 や 3号のように 脚の 一部分が変化する程度の 場合もある。

脱皮期間

脱皮は2週間 から 長い場合は 2ヶ月ほどかかり、おおむね オカヤドカリの大きさに 比例して長くなるが、イレギュラーもあるため 予測は難しい。

Okayadokari056

床砂の中に潜ったからといって すぐに脱皮を始めるのではなく、10日以上 エサも食べずに床砂の中を移動したり、潜って1週間ほどして地表に戻り 数日後に再び潜っていったりと、脱皮が始まるまでに結構な日数がかかることも多い。

オカヤドカリ1号

普段は 流木の上 や 天井など 高いところを好む オカヤドカリ1号は、脱皮前になると頻繁に 穴掘りを始めるので 脱皮の時期はわかりやすいが、潜ってからも 砂の中を移動していることも多く、最近は 2~ 3部構成で脱皮をしている。

1回目 : 2018/ 8/ 2 – 9/ 4 ( 33日間 )
2回目:2018/ 12 / 31 – 2019/ 2/ 7 ( 38日間 )
3回目:2019/ 8/ 14 – 9/ 21 ( 38日間 )
4回目:2020/ 6/ 7 – 7/ 12 ( 34日間 )
5回目:2020/ 11/ 21 – 2021/ 1/ 6 ( 46日間 )
6回目:2021/ 6/ 10 – 7/ 1 + 7/4 –  8/ 15 ( 計 66日間 )
7回目:2022/ 4/ 10 – 5/ 14 + 5/ 15 – 5/ 24 + 5/ 28 – 6/ 26 ( 計 72日間 )

Okayadokari 496

6回目の脱皮時は7月初旬に1度 床砂の中を移動しており、7月4日にはガラス面に姿を見せているので 前半 20日・後半 42日で、7回目の脱皮も5月11日から床砂の中を移動し、14日に一度は地表に出てきたが 翌日には再び潜っていった。

オカヤドカリ3号

オカヤドカリ3号は 脱皮回数も少なく 脱皮期間も短いので 成長も遅いが、1号のように床砂の中を何日も動き回るようなことがない。

1回目 : 2018/ 10/ 20 – 11/ 10 前後 ( 約20日間 )
2回目 : 2019/ 3/ 25 – 4/ 10  ( 16日間 )
3回目 : 2019/ 8/ 14 – 9/ 4  ( 21日間 )
4回目 : 2021/ 6/ 11 – 7/ 7  ( 26日間 )
5回目 : 2022/ 1/ 5 – 1/ 20  ( 15日間 )

オカヤドカリ3号は 2019/ 9 ~ 2021/ 6 まで 1年以上 脱皮をしなかった期間がある。

オカヤドカリ5号

床砂に潜っているとき宿貝から出て素っ裸になったことがある オカヤドカリ5号だが、その他に大きなトラブルはなく、定期的に脱皮して 順調に成長している。

1回目 : 2018/ 7/ 10 – 7/ 25 ( 15日間 )
2回目 : 2018/ 9/ 5 – 9/ 28  ( 23日間 )
3回目 : 2018/ 12/ 27 – 2019/ 1/ 10 前後 ( 約14日間 )
4回目 : 2019/ 3/ 30 – 4/ 20 前後  ( 約20日間 )
5回目 : 2019/ 8/ 30 – 9/ 24   ( 25日間 )
6回目 : 2020/ 5/ 27 – 6/ 14  ( 18日間 )
7回目 : 2020/ 12/ 20 – 2021/ 1/ 14  ( 25日間 )
8回目 : 2021/ 7/ 5 – 8/ 3  ( 29日間 )
9回目 : 2022/ 1/ 7 – 2022/ 2/ 21 前後 ( 約45日間 )

オカヤドカリ5号も 1号と同じく 普段はあまり穴掘りをせず、脱皮前になると 頻繁に 穴掘りを始める傾向がある。

オカヤドカリ6号

普段から頻繁に穴掘りをしている オカヤドカリ6号は、2 ~ 3日 床砂の中で過ごしてから出てくることも多く 脱皮に入るタイミングが掴みづらいが、 比較的 脱皮期間が長く 成長が早い。

1回目 : 2018/ 5/ 2 – 5/ 16 ( 15日間 )
2回目 : 2018/ 7/ 20 – 8/ 3  ( 13日間 )
3回目 : 2018/ 11/ 10 – 12/ 2  ( 22日間 )
4回目 : 2019/ 1/ 15 – 2/ 9 前後  ( 約25日間 )
5回目 : 2019/ 9/ 1 – 9/ 24  ( 23日間 )
6回目 : 2019/ 12/ 20 – 2020/ 1/ 14  ( 25日間 )
7回目 : 2020/ 11/ 1 – 12/ 20 ( 50日間 )
8回目 : 2022/ 1/ 8 – 2022/ 2/ 2 前後 ( 約25日間 )
9回目 : 2022/ 6/ 6 – 6/ 27 ( 21 日間 )

オカヤドカリ6号は 購入した翌日に 脱皮した個体で、2週間待って出てこなかったので 待ちきれずに 床砂を掘り返し、貝に閉じ籠もった状態で微妙に動いたのを確認して 元の場所に埋め直したことがある。

タイミングが良かったらしく 翌日6号は 地表に出てきたが、タイミングが悪ければ 脱皮に支障が出る行為だと痛感し、この後から 余程のことがない限り、オカヤドカリが自力で 地表に出てくるまで待つようになった。

オカヤドカリ2号

オカヤドカリ2号は 豪胆な性格だったが、脱皮の時は神経質になるのか 潜って出ての頻度が他のオカヤドカリよりも多かった。

1回目 : 2018/ 9/ 28 – 10/ 16  ( 18日間 )
2回目 : 2018/ 12/ 30 – 2019/ 1/ 28  ( 30日間 )
3回目:2019/ 7/ 7 – 7/ 26 ( 19日間 )
4回目:2020/ 5/ 30 – 脱皮中に死亡

オカヤドカリ4号

オカヤドカリ4号は 2回目の脱皮中に 死亡。

Okayadokari036

1回目 : 2018/ 6/ 18 – 7/ 12  ( 24日間 )
2回目 : 2018/ 9/ 28 – 脱皮中に死亡

脱皮中の事故

脱皮中は 無防備な ソフトシェルの状態になっている期間があるため、オカヤドカリは 床砂に深く潜って身の安全を図るが、水槽の中では常に 他のオカヤドカリから攻撃を受ける可能性がある。

オカヤドカリ2号 と 4号は 脱皮中に 床砂の中で死んでしまったが、2匹とも オカヤドカリ6号に 宿貝を奪われて 命を落とした可能性が高い。

オカヤドカリ5号が裸の状態から 床砂の中にある宿貝に戻ったことを考えると、6号は 床砂の中を移動中に 偶然 2号 や 4号に遭遇したわけではなく、床砂の中にいることを把握して行動していると思われるため、床砂をユニット式にして 脱皮を始めたら交換するような形にしない限り 事故は防ぎようがない。

関連記事

Okayadokari 453

オカヤドカリの脱皮

脱皮は 床砂の中など 身を隠せる 安全な場所で行われ、脱皮中は 外殻が固まっていない ソフトシェル の状態になるので、床砂を掘り返したりせず、脱皮が終了するまで 静かに見守る。 床砂の厚みがないと地表で脱皮を始めるが、脱 […]

Okayadokari 569

オカヤドカリの餌

自然界のオカヤドカリは 海藻 や 草木、魚の死骸、人間の残飯 などを食べる 植物メインの雑食性だが、意外と好き嫌いがはっきりしており、個体によっても 嗜好が異なっていたりする。 オカヤドカリに味覚はなく、触覚で匂いを感じ […]

Okayadokari 406

オカヤドカリの飼育

オカヤドカリの飼育で 重要なのは 環境作り と 環境の維持 で、オカヤドカリに 思考する脳 はないが、神経が脳の代わりをして 身辺の事象を感じているため、触られるのは 捕食の危険を全身で感じ、大きなストレスになる。 In […]

Katatsumuri022

カタツムリの生態と飼育

カタツムリは 沖縄から取り寄せたガジュマルに 付いていたもので、近くに放すこともできず オカヤドカリの飼育アイテムを利用して飼育することにした。 葉についていたカタツムリは 黒く 体調 1.5 cm ほどで 貝の部分も破 […]

Okayadokari 429

オカヤドカリと観葉植物

水槽内への観葉植物 設置は オカヤドカリにとってリスクになる場合があるため 否定的な意見が多いが、水槽内の環境に植物があるのは決して悪いことではない。 オカヤドカリが好んで食べる植物 オカヤドカリは野菜よりも アダン や […]

Okayadokari227

オカヤドカリの宿替え

オカヤドカリが背負っている貝は、サザエなどの巻き貝 や アフリカマイマイなどの貝殻を利用しており、手頃なサイズの貝殻を見つけると引っ越しを行うが、間取りが良ければ何でも良いというわけでもない。 気に入った物件を見つけて […]

Okayadokari110

気温と湿度の調整

オカヤドカリにとって 気温 と 湿度 は 直接 命に関わる要素で、一時的に湿度が 40%前後まで下がっても オカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなる。 気温が低いときは 暖を求めて ヒーターの側 […]

Okayadokari 419

オカヤドカリの生態と特徴

オカヤドカリは エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属 に分類される甲殻類(甲殻亜門)で、国内では小笠原諸島 と 南西諸島に生息し、十脚目の名の通り エビ や カニ など 甲殻類の脚は 5対10本 […]

タイトルとURLをコピーしました