オカヤドカリの仲間認識

オカヤドカリは他のオカヤドカリを「同類」としては認識していても、個体としては認識していないような気がする。

つい4日前に4号を襲って宿貝を奪った3号と、宿貝を奪われた4号が、寄り添うように昼寝をしている。
しかも2時間以上ほぼこの状態のまま。

始めは3号が4号に襲いかかるのではないかと心配していたが、その気は全く無いらしく、それが分かっているのか、4号も宿から半分ほど身体を出したままで休んでいるというか、眠っている。

この状況は互いに「同類」という認識しかなく、眼前の「同類」に興味がなければ襲うこともなく、同じく危険がなければ逃げることもないといった感じ。
4号の危機感が無さ過ぎという気もするが、おそらく人間のような外敵と比べると、「同類」の危険性は低いのだろう。