定例 床砂交換とエサ入れの自作

床砂交換が脳裏に過るとき「ついこの間 掃除したばかり」と感じたら ほぼ10日、「そろそろ掃除が必要かも」と感じたら 20日ほど前回の掃除から経過している。
床砂交換をした時はブログを書いているので、自分の感覚と経過時間にギャップがあるときはブログで確認しているが、時々 日付を間違っているのではないかとすら思うときがある。

なんとなく感覚と経過時間が5日ほどズレているのだが、よく考えると 掃除をした直後の数日は 掃除 のとこが頭に浮かぶことがない。
おそらく掃除が完了した際に「これでしばらく大丈夫」とインプットされ、数日は掃除直後の感覚が維持されているのだと思う。

と、ゴタクを並べても前回の掃除から ほぼ1ヶ月経過していることに変わりなく、今日は粛々と半分ほど床砂を交換した。

Okayadokari199

去年の年末ころから気になっていたのが「海水」の入れ物。

真水が入った大きな目にエサ入れの中に、海水の入った小さなエサ入れを入れているのだが、満水にしていても早い時は1日で半分以上 減っていることがある。

はじめの頃はエサ入れが深くて オカヤドカリ5号 や 6号 が溺れないよう エサ入れの中に枝珊瑚を入れていたほどだが、最近はエサ入れに顔を突っ込んで 少なくなった海水を飲んでいる姿も しばしば見かけるようになった。

海水に比べると真水はほとんど減らないので、水槽内のスペースを考えると 現在の水入れが半分に区切ってあるような器が理想的なのだが、そんな都合の良い器は なかなか見つからない。

で、朝の連ドラに影響されたわけではないが、器を自作できないものかと考えた。
もちろん知人に陶芸家はおらず 陶芸制作の趣味もない。

が、世の中は便利なもので溢れている。

Okayadokari 330

オーブンレンジを使用して オリジナルのエサ入れと水入れを作ってみた。

制作の詳細は下記参照

ヤコ オーブン陶土で土器を制作
オーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土を使ってオリジナルのウォーターディッシュを作成オカヤドカリ用 に 海水と真水を同時に入れることができる 半分に区切った水入れを探しているのだが、なかなか市販で手頃なものがなく「 自分で作れないものか

Okayadokari 331

これで水も海水も飲みやすくなったはず。。。。たぶん。

タイトルとURLをコピーしました