仲良しさん?

時折 貝殻に閉じこもっている オカヤドカリを 別のオカヤドカリが ハサミと脚を器用に使って グルグルと回し続ける イジメのような光景を除くと、普段は互いに干渉しないというか無関心っぽいのだが 「ムラサキオカヤドカリ」と「ナキオカヤドカリ」の区別なく 寝ているときは 妙に距離が近い。

群れることで捕食されるリスクを軽減させているのかと思ったが、群れるのは1号・2号・4号・6号で 3号と5号は単独行動しているので 捕食リスク軽減 や 群れるのが習性というわけでも無いらしい。

理由はともかく 見た目には「仲良しさん」で微笑ましい。

タイトルとURLをコピーしました