オカヤドカリの基礎知識

そもそもオカヤドカリとは何者なのか。

飼育が簡単だとか、世話の手間がかからないとか、見てるだけで癒やされるなどの情報を見かけるが、実際のところ相当に手間がかかるし、人に懐くどころか常に外敵扱いされるので、目の前で元気に動き回ることもほとんどない。

見た目も動きもユニークで可愛いのだが、残念ながらオカヤドカリは愛玩動物ではなかったりする。

オカヤドカリの生態

生物学的には、エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・オカヤドカリ科・オカヤドカリ属に分類される甲殻類(甲殻亜門)。
タラバガニは同じヤドカリ下目に属する仲間だったりする。

熱帯域に分布するヤドカリの仲間で、日本には7種類のオカヤドカリが確認されており、その中で「C.cavipes」という種が一般的に「オカヤドカリ」と呼ばれているのだが、普通に販売されているのは「ムラサキオカヤドカリ(C. purpureus)」と「ナキオカヤドカリ(C. rugosus)」で、ムラサキオカヤドカリもナキオカヤドカリも販売時には区別されていない。

国内では小笠原諸島と南西諸島に生息しており、植物メインの雑食性で、自然界では植物の葉や実、海藻、魚の死骸などを食べているので「海の掃除屋」という微妙な二つ名を持っており、人間の残飯も食べる。

十脚目と呼ばれるとおり、エビやカニなどの甲殻類の脚は5対10本。
オカヤドカリは後ろ2対の脚で貝殻を背負っているので、普通に見えている部分はハサミを入れて3対6本になる。

寿命は20~30年という長寿の個体もおり、脱皮を繰り返して成長していく。
脱皮は地中に潜って行い、脱皮の期間は1週間から長い場合は2ヶ月以上かかることもあるらしく、おおむね個体の大きさに比例して脱皮期間は長くなるものの、同じ個体でも3週間のときもあれば10日ほどで出てくることもあったりする。

陸棲のオカヤドカリには水棲の名残があり、甲部でエラ呼吸、腹部で皮膚呼吸をしているが、いずれも湿った状態で空気中の酸素を取り込んでおり、乾燥すると窒息してしまうため、宿貝の中に少量の水を貯めて乾燥から身を守っている。
また、エラ呼吸をしているといっても、魚のように水中の酸素は取り出せないので、呼吸のため水分は必要だが、水中では呼吸ができないという繊細というか厄介な身体だったりする。

エビやカニと同様、メスは抱卵して、卵が成長してくると海中に「ゾエア」という幼生(プランクトン)を放出するので、海に近い場所に生息しているが、海中から陸に上がった後は海に戻ることはない。

また、エビやカニの仲間なので、有機溶剤などの石油類、鉄や銅などの重金属、農薬やメチレンブルーのような魚病薬などの薬品に弱く、残留農薬でも生命が危険に晒されるようなので、取り扱いには注意が必要。

国の天然記念物

国産のオカヤドカリは国の天然記念物に指定されている。
ただ、「絶滅のおそれのある野生動植物」というわけではなく、「特別天然記念物」でもないので、国の許可を得た業者は捕獲が可能で、その個体が流通しているのだが、許可を得ていない一般人が沖縄の海岸でオカヤドカリを見つけて持ち帰ると「文化財保護法」違反になり、「5年以下の懲役若しくは禁錮又は30万円以下の罰金」に処されてしまう。

柴犬もペットにできる天然記念物だし、プーチン大統領やザギトワに送られた秋田犬も天然記念物なので、意外とペットにできる天然記念物は身近にいたりするが、オカヤドカリは数百円で販売されている、ちょっとお安い国の天然記念物。

オカヤドカリの飼育環境

オカヤドカリは陸上でエラ呼吸をする特殊な生態の生き物なので、飼育する場合は自然に近い状態を作ることが基本。

彼らには物を考える脳はないのだが、神経が脳の代わりをしているらしく、身辺の事象を「感じている」ため、見られたり触られるのは捕食される危険を全身で感じることになるので、頻繁に触るのも厳禁。

飼育のついての詳細は下記の「オカヤドカリの飼育」を参照

オカヤドカリの飼育
オカヤドカリの定期的な水槽内のメンテナンスなど、普段の世話を紹介。

床砂と水槽

オカヤドカリは日常的に3cm~5cmほどの穴掘りをし、脱皮するときは2m程度の個体でも10cm以上の深さまで潜っていく。

脱皮中は他のオカヤドカリに襲われやすいため、床砂が浅いと他のオカヤドカリに発見される可能性が高く、脱皮の安全性が著しく損なわれるので、床砂はできるだけ深くする。

okayadokari011

床砂の厚みは最低でも10cm程度は必要で、推奨されるのは15cmくらい。

床砂が乾燥しているとオカヤドカリが上手く潜れないだけでなく、潜った後で身体の水分が砂に奪われてしまうため、砂は必ず湿らせておく。
ただ、水に浸かっているような状態では、呼吸ができなくなるので、砂団子ができる程度を目安にすると良いかも。

Okayadokari046

水槽のサイズと飼育可能な個体数は、3cm前後の個体であれば45cm水槽で3~4匹、60cm水槽で5~6匹が目安らしい。
それよりも多いと絶対ダメというわけではないが、単純に狭い空間で多数の個体を飼育すれば、糞尿で床砂が汚染される割合が増え、有害な雑菌が繁殖する原因になるため、床砂の洗浄頻度を増やす必要があるだけでなく、貝殻の奪い合い、脱皮時の強襲などのリスクも高くなるなど、飼育の難易度が著しく高くなってしまう。

雑食で「海の掃除屋」と呼ばれるくらいなので、何でも食べるのかと思いきや、意外と食にはうるさく、好き嫌いがはっきりしている。
しかも個体によって好きな食べ物が違っていたりするので、バランスよくエサを用意するのは大変。

植物メインの雑食なので、レタスやらキャベツやらキュウリなどをモリモリ食べるのかと言えば、そうでもない。
ただ、水槽内で育てているアダンやガジュマルの葉はボロボロなので、レタスやキャベツよりもアダンやガジュマルの葉がお好みで、意外とサトウキビもよく食べたりする。

Okayadokari209

脱皮前後は肉食の傾向が強くなり、カルシウムの摂取も必要なので、煮干しや小粒クリル(乾燥したオキアミ)など食い付きの良いエサを探し、常時 与えた方が良いかも。

エサは毎日交換することが理想で、生モノを与えるコバエなどが集るため、衛生的な面から早めの交換が必要。
また、オカヤドカリは気に入ったエサをサ入れから移動して独り占めするため、食べ残しも要チェック。

エサの詳細については下記の「オカヤドカリの餌」を参照

オカヤドカリの餌
意外と好き嫌いが多いオカヤドカリ。 与える餌に困ってしまうので、いろいろ与えて食べっぷりでランキングしてみた。

水と海水

オカヤドカリは呼吸に水分が必要なので真水は必須だが、水道水に含まれるカルキ(次亜塩素酸)は、人体には影響がないものの細菌を抹殺する程度の殺傷力はあり、小さなオカヤドカリにとっても危険な物質なので、カルキ抜きをした水を常に用意しておく。

一部でオカヤドカリが貝ごと浸かるくらいの水入れを推奨しているものの、オカヤドカリは水がかかったり 水に浸かるのを嫌うため、大きな水入れを用意してもオカヤドカリが喜んで水浴びをするようなことはない。

Okayadokari197

真水はオカヤドカリが乾燥しないための命の水だが、飲料水としては真水よりもミネラルなどを含んでいる海水がお好みなようで、真水と海水を並べて置くと積極的に海水を摂取する。

気温と湿度

オカヤドカリは高温多湿の熱帯~亜熱帯に生息する生き物なので、寒さと乾燥に耐性がない。
そのため飼育する地域によってヒーターなどで保温と保湿が必要になる。

nahasshi

沖縄は真冬でも平均気温が15℃、湿度は65%を下回ることがなく、気温は年間平気23℃、湿度の年間平均は74%になる。
また、沖縄の年間降水量は2000mmを超えており、降水量が少ない冬場でも月間100mm程度は雨が降る。

osaka

大阪では11月~5月までが気温・湿度ともにオカヤドカリにとっては悪環境で、特に冬場は乾燥するので湿度に注意が必要で、呼吸に水分が必要なオカヤドカリにとって湿度は非常に重要なため、水槽内は60%~80%に保つようにする。

一時的に湿度が40%前後まで下がってもオカヤドカリが死ぬというわけではないが、目に見えて活動が鈍くなるので、乾燥状態が続くようなら水槽にフタをするなどして湿度調整を行う。

Okayadokari1

冬場はヒーターを水槽の背面に貼り付け、四方を断熱シートで囲んで、正面のみ断熱シートは砂の部分だけにしている。
また、背面のヒーターのみで水槽内の温度が23℃を下回ってくると、水槽の下に敷いているヒーターも付けることで、水槽内は26℃程度を維持してある。

水槽の底にも断熱シートが敷いてあり、水槽を5mm厚のゴム板で浮かせ、ヒーターが直接 水槽に触れないようにしている。

床砂が湿っているので、底面のヒーターをつけると必然的に水槽の湿度も高くなり、ガラスでフタをすることによって湿度も80%以上を維持できる。

冬場の温度対策は下記の「オカヤドカリの飼育」を参照

オカヤドカリの飼育
オカヤドカリの定期的な水槽内のメンテナンスなど、普段の世話を紹介。
タイトルとURLをコピーしました